HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

蒲生靴屋


鹿児島県は姶良市蒲生町に行った。

20170219202351198.jpg

グラニスタ ハイラインを履いて・・・。

目的は蒲生町(「がもうちょう」と思っていたら「かもうちょう」だった)にある靴屋。

以前からFacebook やHP(http://hirakihimi-shoes.com/)を見て気になっていた。


2017021920243275f.jpg

蒲生(かもう)靴屋


店舗と作業場が別棟になっている。


20170219202356955.jpg

店舗

20170219202355b63.jpg


店舗にはサンプルシューズが並べてある。

サンプルで足合わせをしてからの受注生産が基本。


この靴が気になった。(サンプルシューズ)

2017021920235293c.jpg

上から見るとあまり分からないが、この靴のトゥはかなり反り上がっている。

2017021920235320c.jpg

「LUPIN(ルパン)」という木型の「P-38」というモデル。

そう、ルパン3世が履いているような靴なのだ。

ここの靴は基本的におでこ靴で、トゥがかなり丸っこい。

この「LUPIN」が最もトゥがスッとした木型。

履いてみると、意外に違和感がない。

ジーンズによく合う。



試し履きしている間に、

私が履いてきた靴やら、鹿児島市の靴工房「CITTA 」のことやら、

いろいろと話をした。

すると店主が・・・

「あの・・・ブログ書いてる方じゃありませんか?」

最近よく聞くなあ、この言葉(笑)

ブログを見てくれた人に会うのはやっぱり恥ずかしい。

しかし、おかげで一気にうち解けて、作業場も見せてもらうことになった。



20170219202435c3a.jpg

20170219202436d4f.jpg

20170219202438de2.jpg

201702192025041c9.jpg


様々な機械や道具や型紙、木型、革など、

ああ、靴作りの現場だ!

靴好きの素人にとってはとても楽しい光景。


20170219202505cca.jpg

20170219202434afc.jpg

製作途中の靴も面白い。

2017021920260824d.jpg

201702192025109c9.jpg



「この機械、興味ありませんか?」

と言って見せられたのがこれ。

20170219202507b23.jpg

201702192025080da.jpg

手動の出し縫い機

「自動の奴は高過ぎて手が出なかったので」

とのことだが、手動でも30万・・・

こういうのを見るだけでも、靴作りは大変なんだなと思う。



結局注文はしなかったが、とても楽しい時間を過ごすことができた。

都会に比べれば、需要も材料の供給も靴作りにはおよそ不利な街。

敢えてそこで頑張っている人は応援したくなる。

いずれまた訪れることになるだろう。


20170219202609a9a.jpg

スポンサーサイト

 お気に入りの店

4 Comments

なおけんた  

Re: 蒲生&島津家

TomSoyar1215 さん

> 早速のご返信に感謝でございます。
> 蒲生〜姶良インター〜岩剣城〜平松城辺りは島津家と蒲生氏他との激しい戦闘があった地域です。姶良インター前の剣の平頂上に岩剣城があったと言われています。
> 平松城は、関ヶ原で有名な敵中突破の島津義久義弘公の城です。そしてインターから見えます鹿児島市内へ登る道は、西郷大久保が何度も往復した白銀の坂になります。

蒲生にも島津家所縁の歴史があるんですね。
最初は何も知らずに「がもう」と読んでました。
大クスのある神社の入り口のところに格式ある門のある家が気になりました。

> 蒲生の靴屋さんのホームページも目を通しました。1度お伺いしたいと思っております。楽しそうな情報に感謝いたしております。ありがとうございました。
> ロブと言いましても、現行ウイリアムもシティよりも80-90年代のグリーン工場時代の初期のダービーラストやラスト2466のドミンゴを好んで普段履きしています。

私なんぞはロブなんて一度も手にしたことがありません。
したがって、ロブについては語ることさえ憚れます。それを普段ばきにしておられるとは・・・すごいですね。


> ビンテージ時計は、1990年代は物凄い店舗数でしたが、今ではコレクターが死な無い限り市場に出無い、出ても物凄い価格高騰、数倍の価格となりコレクターが手放さ無いために、世界的な品不足となりました。
> ビンテージ革靴業界もそうなっていくのかもしれません。ビンテージ時計の時代の流れ〜経緯を知っています自分からみますとビンテージ革靴業界もそうなっていくような気が致します。

個人的にはそうなってほしくないと願っています。
モノが回らなくなると市場が停滞して一気に寂れていくでしょうね。

2017/02/26 (Sun) 21:53 | REPLY |   

TomSoyar1215  

蒲生&島津家

早速のご返信に感謝でございます。
蒲生〜姶良インター〜岩剣城〜平松城辺りは島津家と蒲生氏他との激しい戦闘があった地域です。姶良インター前の剣の平頂上に岩剣城があったと言われています。
平松城は、関ヶ原で有名な敵中突破の島津義久義弘公の城です。そしてインターから見えます鹿児島市内へ登る道は、西郷大久保が何度も往復した白銀の坂になります。

蒲生の靴屋さんのホームページも目を通しました。1度お伺いしたいと思っております。楽しそうな情報に感謝いたしております。ありがとうございました。

ロブと言いましても、現行ウイリアムもシティよりも80-90年代のグリーン工場時代の初期のダービーラストやラスト2466のドミンゴを好んで普段履きしています。

ビンテージ時計は、1990年代は物凄い店舗数でしたが、今ではコレクターが死な無い限り市場に出無い、出ても物凄い価格高騰、数倍の価格となりコレクターが手放さ無いために、世界的な品不足となりました。
ビンテージ革靴業界もそうなっていくのかもしれません。ビンテージ時計の時代の流れ〜経緯を知っています自分からみますとビンテージ革靴業界もそうなっていくような気が致します。

2017/02/26 (Sun) 19:38 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: 蒲生と島津家

TomSoyar1215さん

> はじめまして。いつも楽しく拝読させていただいております。年齢もなおケンタ様とほとんど同世代かまたは上かもしれません。
> 実家は蒲生町の隣の姶良の重富〜加治木卒になります。
> 良い店を御紹介して下さりありがとうございます。現在は関西在住、老後は重富〜加治木〜市内在住予定です。
> 1950年代以前の古靴のみでなくてロブグリーンを愛用、ビンテージ時計マニア歴は25年〜楽しんでおります。

はじめまして。
同世代の方からコメントいただくと感慨深いものがあります。
蒲生靴屋はなかなか味のある靴です。
是非、ホームページも見てください。
それにしても古靴だけでなく、ロブ、グリーン、時計なんて、私なんぞよりもずっとすごい方で恐縮いたします(笑)。
これからもよろしくお願いします。

2017/02/26 (Sun) 13:30 | REPLY |   

TomSoyar1215  

蒲生と島津家

はじめまして。いつも楽しく拝読させていただいております。年齢もなおケンタ様とほとんど同世代かまたは上かもしれません。
実家は蒲生町の隣の姶良の重富〜加治木卒になります。
良い店を御紹介して下さりありがとうございます。現在は関西在住、老後は重富〜加治木〜市内在住予定です。
1950年代以前の古靴のみでなくてロブグリーンを愛用、ビンテージ時計マニア歴は25年〜楽しんでおります。

2017/02/26 (Sun) 10:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment