HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

CALZOLERIA CORVARI


鹿児島で購入した CORVARI (コルヴァリ)

201703051530486f4.jpg


この靴は CALZOLERIA CORVARI というシリーズ

スニーカーではdico というのもある。こっちの方が知られてる?


2017030619481748b.jpg

なかなかのダブルソール・・・よく見たらトリプルソール?


20170306194822cf8.jpg

ソールを見ると、ダイナイトソールっぽいけどなんだか変。


201703061948583e7.jpg

レザーソールにイボイボを埋め込んでる。


20170306194821463.jpg

ソールもコバの仕上げも、色を入れずにワザと荒い素仕上げ。


20170306194859204.jpg

インソールを見ると


20170306194900709.jpg

取り外し可能


20170306194905e0a.jpg

結構分厚くてクッション性がある。

20170306194903873.jpg


201703061949025a3.jpg

インソールを外すと、マッケイ製法であることがわかる。


ところが、


201703061946352a7.jpg

ウェルトがあり、出し縫いが見られる。

20170306194818d96.jpg

しかもストームウェルト。

ウェルトをアッパーに縫い付ける白いステッチとソールを縫い付ける茶色のステッチが見られるが・・・・

マッケイ製法ではこれはあり得ない。

すなわち、このウェルトとステッチはイミテーションである。

下の画像はウェルトをサイドから見たところ。

20170306194958b17.jpg

👉 が指すところに白ステッチ。


下の画像は上から見たところ。

2017030619495788f.jpg

👉 の指すところ、アッパーとウェルトの隙間に白ステッチが見える。

これこそイミテーションの証拠。

デザイン状のアクセントとしてわざわざ偽ウェルトをくっつけたようだが、ご愛嬌といったところか。

おかげで靴全体にマッケイらしからぬボリューム感が出ている。


20170306194956c73.jpg

トゥは早くもブルームが取れている。

経年変化が進むと全体がこんな感じになるのかな?


20170306194953e9c.jpg


20170306194951746.jpg 20170306194950f0a.jpg


いろいろな面で異彩を放つこの靴、面白い。

今後の経年変化が楽しみ。


201703061949544cf.jpg

スポンサーサイト

 靴について

8 Comments

なおけんた  

Re: No title

スニゲーターさん

> 最近の靴にこういうイミテーションは見かけますね。
> やはりグッドイヤーは大変なのでしょう・・・。
> しかしそういうところも含め、現代的な靴ですね。アッパーだってビンテージにこういうものは無いでしょう。

そもそも、イタリアの靴メーカーでグッドイヤーウェルト用のマシンを持っているところが少ないという話を聞いたことがあります。
イタリア製でグッドイヤーウェルト製法の靴は、九分仕立てが多いそうです。
九分仕立ては手間がかかりますよね。だからこんな靴が出てくるのかもしれません。
確かにヴィンテージでは見ませんね。
ヴィンテージだったらただの汚い靴です(笑)。

2017/03/08 (Wed) 00:51 | REPLY |   

スニゲーター  

No title

最近の靴にこういうイミテーションは見かけますね。
やはりグッドイヤーは大変なのでしょう・・・。
しかしそういうところも含め、現代的な靴ですね。アッパーだってビンテージにこういうものは無いでしょう。

2017/03/08 (Wed) 00:40 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

浪漫さん

> ドライビングシューズで有名なイタリアの某メーカーも、この手のイミテーションはやっていましたね。
> イタリアでもオールデンは人気だそうですし、意外とごつめの靴が好きなのかもしれません。しかしマッケイは譲れないという、そこが面白いですね。

イタ靴は結構こういう「偽」ワザを使いますね。
ブッテロもその常習犯っぽいです(笑)。
「別にいいんじゃねーの?」的なノリはラテンかなと。
英国はこういうことはあまりしない(ゲルマン/アングロサクソン)かなと。
ゴツくても履き心地は柔らか、というところなんでしょうね。

2017/03/07 (Tue) 20:17 | REPLY |   

浪漫  

No title

ドライビングシューズで有名なイタリアの某メーカーも、この手のイミテーションはやっていましたね。
イタリアでもオールデンは人気だそうですし、意外とごつめの靴が好きなのかもしれません。しかしマッケイは譲れないという、そこが面白いですね。

2017/03/07 (Tue) 19:37 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

syurisyuriさん

> 初めまして。いつも楽しく拝見させていただいています。こちらの靴は、ブラックラピド製法とは違うのでしょうか?

はじめまして。
私も最初はブラックラピドではないかと思ったのですが、アウトソールのステッチラインの位置とウェルトのステッチラインの位置が一致していません。しかもステッチの幅も違います。
内部のマッケイステッチとは一致していますので、マッケイと判断しました。

2017/03/07 (Tue) 13:49 | REPLY |   

syurisyuri  

初めまして。いつも楽しく拝見させていただいています。こちらの靴は、ブラックラピド製法とは違うのでしょうか?

2017/03/07 (Tue) 13:19 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

musselwhiteさん

> いいな~
> 生成りの麻のスーツにピッタリですね!
> クタリの出たパンツに…
> 流石に目利きですね!

なるほど、生成りの麻のスーツですね。
しかし私はそんなオシャレアイテム持ってませんので、カーキのチノパンですね〜。
休日にどんどん履いてみようかと思います。

2017/03/07 (Tue) 09:20 | REPLY |   

musselwhite  

No title

いいな~
生成りの麻のスーツにピッタリですね!
クタリの出たパンツに…

流石に目利きですね!

2017/03/07 (Tue) 08:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment