HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

FOOT-SO-PORTのステッチ


以前、FOOT-SO-PORTについてこんな記事を書いた。


20170402225536bb6.jpg


FOOT-SO-PORTの・・・・


20170402225537086.jpg


インソールの謎のステッチ。

グッドイヤーウェルト製法なのに、マッケイ製法のようなステッチ。

ブラックラピド製法(いわゆるマッケイグッド製法)では?

という疑問もあるが、マッケイやブラックラピドのステッチに比べると細くて弱々しい。


これに対して、あるリペア職人さんが答えをくれた。

「このステッチは、一般的にはインソール裏に接着剤で貼り付けるリブテープを縫い付けたものである」



FOOT-SO-PORTだけでなく、この靴にも見られた。

201704022255393ef.jpg

Nettleton Algonquin

201704022255350c6.jpg


この答えを裏付ける図を知り合いから貰った。


FOOT-SO-PORTの特許の説明図
(インソールの構造図)


20170402225534129.jpg


アップすると


201704022255365dc.jpg


リブテープが縫い付けられている‼️


リブテープをわざわざ縫い付けるのは、強度を高めることになると思うのだが、そうではない靴に比べて一手間多いわけだ。

リブテープが剥がれたらグッドイヤーウェルト製法の靴としては致命的なダメージになるかもしれない。

ウエストンはインソールの裏をドブ起こしして、リブテープを貼り付ける。

これもウエストン流の一手間。リブテープの補強だ。



だが、高級靴のウエストンやNettleton に対して、

大衆靴でリブテープを補強していたFOOT-SO-PORTは偉いなあと思うのだ。
スポンサーサイト

 靴について

0 Comments

Leave a comment