HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

私も履き心地ベスト○ その2


私も履き心地ベスト○ その2


20170510204451f06.jpg


アレン・エドモンズ “ CHESTER ”


20170510204452c5b.jpg


70sの個体で、いわゆる斜体ロゴのもの。

他の多くの米国シューメイカーが70年代になって品質を落とす中、アレンは例外だったようだ。

それがよくわかる。


201705102044530f1.jpg


革の質感がよく、アッパーだけでなく靴全体が柔らかく感じる。

同じ内羽根のパークアベニューとは全然違う。繊細な感じ。


20170510204454594.jpg


表記サイズは10.5Dだが、それほど大きくない。

木型が自分の足によく合っている。

甲の高さが自分にとっては絶妙。


201705102044561c5.jpg


柔らかいアッパーと木型が素晴らしい履き心地に繋がっているのだと思う。


今もCHESTERというモデルはあると思うが、同じ履き心地、同じ木型なのだろうか?

アレンは同じモデルでも木型をどんどん変えることがあるからね。



以前、福岡のShoetyさんに行った時、「いいなぁと思うビンテージ靴はなんですか?」といきなり聞かれて、

考える間も無く「アレンのCHESTERです」と言ってしまった記憶がある。


今日はこいつを履いてパチリ。


20170510204457488.jpg


20170510204459f2f.jpg


うん、やっぱり良い。やっぱり好きだ。
スポンサーサイト

 靴について

0 Comments

Leave a comment