HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

久しぶりの古靴


久しぶりの古靴

実は先週には届いていたのだが、アッパーのカサカサ感がひどかったので、手入れをしていた。


20170805163347d02.jpg


20170805163349574.jpg


届いた時はミディアムブラウンだったのが、保湿したらダークブラウンになった。


さてこの靴は


201708051634232fb.jpg


Crockett & Jones


201708051634266b4.jpg


Woodstock 2


20170805163350c53.jpg


紐穴は3つのシンプルなプレーントゥ


20170805163351a2a.jpg


アッパーは非常に柔らかい。


201708051634197fb.jpg


201708051634205f8.jpg


トップリフトは最近交換されたようで、交換されてからはそれほど履かれていない。


20170805164855ebb.jpg


出し縫いのステッチをウェルトに埋め込んで上から見えないようにするのは、英国靴で見られる意匠。

ロイドフットウェアの上位ラインでよく見る。


20170805163425daa.jpg


前半分はファブリックライニング


20170805163422955.jpg


踵のラインは、今のCrockett より立体的。


20170805163350f76.jpg


見た目の雰囲気は、現行のモデルより野暮ったい。

洗練されていない。

でも、それがいい。
スポンサーサイト

 靴について

4 Comments

なおけんた  

Re: タイトルなし

HALさん

> ひょっとしてこれが妥協の産物なんですか?
> 素晴らしい艶ですね。
> どうも私、紳士靴はこのテのものが好きみたいです笑。
> 少ないアイレット数にプレーントゥ、大人の余裕を感じます。

多少の不安はありましたが、安くて古いクロケットだったし、いいのがあまり見つからないし・・・妥協しましたね。
ebay の画像ではわかりづらかったんですが、届いてみたらかなりひどい状態でした。
保湿の後の保革、色入れなど久しぶりにがんばりました。
そしたらテカリすぎちゃって(笑)。
革が柔らかくて華奢なんですよね。そういうところは女性靴に通じるかもしれません。

2017/08/07 (Mon) 16:50 | REPLY |   

HAL  

ひょっとしてこれが妥協の産物なんですか?
素晴らしい艶ですね。
どうも私、紳士靴はこのテのものが好きみたいです笑。
少ないアイレット数にプレーントゥ、大人の余裕を感じます。

2017/08/07 (Mon) 08:15 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

スニゲーターさん

> 英国といえばスマート紳士なイメージがありますが、昔は色々やんちゃしているもの見かけますね(笑)
> 雰囲気はカナダ靴の感じが。ダック辺りは、この辺を目指していたんだろうなぁ。という趣向を感じます。

クロケットは元々はいろんなブランドのOEMを手がける黒子的なメーカーだったと聞いてます。
今のようなスマートなデザインの靴は、そういうOEMの蓄積(パクリ?)から出来上がったものかなと。
確かに、カナダ靴と同じ匂いは感じます。
カナダ靴はアメリカ的な雰囲気と英国的なものを両方追っていたのかもしれませんね。

2017/08/06 (Sun) 04:07 | REPLY |   

スニゲーター  

英国といえばスマート紳士なイメージがありますが、昔は色々やんちゃしているもの見かけますね(笑)
雰囲気はカナダ靴の感じが。ダック辺りは、この辺を目指していたんだろうなぁ。という趣向を感じます。

2017/08/05 (Sat) 21:50 | REPLY |   

Leave a comment