HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

美しい底

ebay で探っていて見つけた美しい靴

何が美しいって・・・ソールが!

※ 画像は全てebayより引用



まずは

20170813082243bda.png

20170813082241c87.png

Florsheim Imperial Kenmoor

70年製と思われるデッドストック。

ほぼマイサイズだったが、入札戦争に負けた。



次は



20170813082245c3f.png

20170813082248e11.png

名前は知らないドイツの60sビスポーク靴

20170813082244ed8.png

佇まいやシルエットとこのソールが気に入ったが、9.5C or 10B というサイズ説明から二の足を踏んでいる。

ソールの所々に花形の刻印。履いたらすぐに見えなくなると思うが。

その他細部にものすごく手間がかかっている。







20170813082237d77.png

20170813082239f18.png

70sのグレンソン

20170813082240e76.png

サイズ6Eと話にならない大きさだが、今のグレンソンよりもずっと洗練されたソールの美しさ。



そして最後に



20170813084041742.png

201708130840434e5.png

70sのバーカー

う、美しい!

20170813084044567.png

釘を使った意匠に強烈な拘りを感じる。

20170813084045681.png

もう、履くのがもったいない。

だが、これも6E(笑)。

安いのにどうしようもない。

指をくわえて眺めるしかない。



ここに挙げた「美しい底」を持つ靴たちは、全て私が手に入れられないものばかり。

古い靴は、革質や作りが今の靴に比べて遥かに素晴らしい。

それはデッドストックのソールにもよく表れている。

ソールの仕上げの美しさも古靴の醍醐味だと思う。

デッドストックじゃないと味わえないけど。



技術が日々進歩する現代社会の中で、靴のように職人の手仕事を必要としてきたモノは明らかに退化している。

しかし、アッパーと違ってほとんど人の目に触れることがなく、数回履いたら無残に汚くなるこの部分にこれだけの手間をかける職人の心意気は、今も一部のメイカーに受け継がれている。
スポンサーサイト

 靴について

8 Comments

なおけんた  

Re: タイトルなし

maqさん

> なおけんたさん
> 情報ありがとうございました!
> バーカー落札できました。
> 本日、届きましたが本当に美しいです。
> 更新出来ないでいたブログに近々中にアップいたします。
> ちなみに、UK6Gでも少し大きかったです(苦笑)

お久しぶりです。
落札されたんですね。おめでとうございます。羨ましい。
サイズさえ合えば私も・・・というところでしたが、こればっかりは。
レポート楽しみにしております。

2017/08/21 (Mon) 19:17 | REPLY |   

maq  

なおけんたさん
情報ありがとうございました!
バーカー落札できました。
本日、届きましたが本当に美しいです。
更新出来ないでいたブログに近々中にアップいたします。
ちなみに、UK6Gでも少し大きかったです(苦笑)

2017/08/21 (Mon) 14:02 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

Iron さん

> 私のはサイズ9で出品されてました。
> 気になったんでセラーにレングスとワイズを問い合わせて履けると思い購入しました。
> 靴にはサイズ表記はなく、履いた感じは9Eもしくは9.5Dのサイズ感でジャストフィットです。
> 因みにレングス30.5センチ、ワイズ11.2センチ位です。
>
> 私のペアはウェルトに目付けが刻まれてそれにステッチが一体となってステッチが目立たなくなってます。
> 出品されているタイプは私のペアよりドレッシーなので、ウェルトに薄い革を被せて目立たなくしているのかもしれませんね。
> 靴底は同じタイプで伏せ縫いで、丸の中が十字になっている刻印があります。
> セラーに靴の詳細を尋ねましたが、詳しい事は知りませんでした(^^;)
> 丁寧に1足1足造られた誂え靴という雰囲気が感じられます。

情報ありがとうございます。
なかなか微妙なところですねえ。
こちらはサイズ10ですが、セラーは9.5Cか10Bと説明に書いています。
説明の通りだとアウトですが、サイズ感は人によって違いますからね。
アウトソールの幅寸法が4インチ(10.16cm)という説明で、これも大雑把なのかもしれません。
私は基本、9.5Dはきつくて、9.5Eか10Dがジャストでして。
Iron さんの靴とこの靴が同じ人物のビスポーク品であれば、やはり微妙なところですねえ。
失敗した時のリスクを考えると、もう少しやすくなるのを待ってみようかなとも思います。
少しずつ価格が下がってますから。
貴重な時間を私ごときのために使っていただき、本当にありがとうございました。

2017/08/13 (Sun) 23:06 | REPLY |   

Iron  

私のはサイズ9で出品されてました。
気になったんでセラーにレングスとワイズを問い合わせて履けると思い購入しました。
靴にはサイズ表記はなく、履いた感じは9Eもしくは9.5Dのサイズ感でジャストフィットです。
因みにレングス30.5センチ、ワイズ11.2センチ位です。

私のペアはウェルトに目付けが刻まれてそれにステッチが一体となってステッチが目立たなくなってます。
出品されているタイプは私のペアよりドレッシーなので、ウェルトに薄い革を被せて目立たなくしているのかもしれませんね。
靴底は同じタイプで伏せ縫いで、丸の中が十字になっている刻印があります。
セラーに靴の詳細を尋ねましたが、詳しい事は知りませんでした(^^;)
丁寧に1足1足造られた誂え靴という雰囲気が感じられます。

2017/08/13 (Sun) 22:04 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

Iron さん

> 一つ目のFlorsheim、私も参戦して負けました(T_T
> そして2つ目のドイツ?靴ですが、
> 私、これの赤シボcap toeデッド持ってます(^^;)
> 確か半年位前に手に入れたと思います。
> これは他のバージョンも出品してたうちの一つですね。
> 履きおろす時にブログで紹介しようと思ってたのですが、未だに履きおろさずに機会を失ってました(^^;)今度紹介します(^_^)

やっぱりサイズが被ってるから、お互い同じところに関わってますね。
ところで、このドイツ靴、どうですか?
画像を見る限り、ウエルトの上から細い革を貼ってステッチを隠しているように思いますが・・・。
Iron さんの靴も同じ仕様ですか?
それから、サイズ感はどうでしょうか?
こちらと同じサイズでIron さんが履けるのであれば、入札してみようかなと思うんですけど。
よろしければ情報ください。

2017/08/13 (Sun) 21:20 | REPLY |   

Iron  

一つ目のFlorsheim、私も参戦して負けました(T_T)

そして2つ目のドイツ?靴ですが、
私、これの赤シボcap toeデッド持ってます(^^;)
確か半年位前に手に入れたと思います。
これは他のバージョンも出品してたうちの一つですね。
履きおろす時にブログで紹介しようと思ってたのですが、未だに履きおろさずに機会を失ってました(^^;)今度紹介します(^_^)

2017/08/13 (Sun) 20:34 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

europeanblend さん

> どれも素晴らしいソール。
> デッドストックの醍醐味ですよね^_^
> 何となくですが、ブランドの序列みたいな風潮が
> あるじゃないですか、「値段」が高いヤツが最高峰、みたいな。
> 特にこのBarkerなんか全然現代の高級靴以上だと思いますね。

古靴では、同時代のクロケットよりバーカーの方がつくりは断然上ですね。
クロケットは80s以降にブランド戦略(実力があるからできるんだと思いますが)に成功したと言えるのかもしれません。
高名ではないメイカーで良い靴を見つける(しかも安い)のも古靴の醍醐味ですね。

2017/08/13 (Sun) 12:10 | REPLY |   

europeanblend  

どれも素晴らしいソール。
デッドストックの醍醐味ですよね^_^

何となくですが、ブランドの序列みたいな風潮が
あるじゃないですか、「値段」が高いヤツが最高峰、みたいな。

特にこのBarkerなんか全然現代の高級靴以上だと思いますね。

2017/08/13 (Sun) 11:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment