HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

異彩を放つ靴


The Asakusa Cobbler Original Shoes


201708182026372c4.jpg


この靴は、私の手持ちの現行靴の中では異彩を放っている。


あ?普通じゃね?と言われるかもしれない(特に嫁さんには)。


だがこの靴は普通じゃない。


一般的な内羽根の靴はこうだ。


20170818202637beb.jpg


そして、Asakusa Cobbler はこう。


201708182026380b2.jpg


レースステイに注目。


まず、紐穴の間隔が全て同じ。末広がりではない。

しかし、これはアレンの現行靴でもパークアベニューあたりで見られる。

ただ、少数派であることは間違いない。


しかし、もっと異彩を放っているのは、

レースステイとヴァンプの切り返しのステッチライン。

現行靴はこれが曲線的で、踵の方向に広がっている。

だが、アサコブ(めんどくさいから短縮)は直接的で並行に近い。


サイドから見たらその違いがよくわかる。


201708182051314a3.jpg


アサコブはサイドの切り返しのラインが直角に近い角度でストンと下がる。


このラインが50sに流行ったのは、多くの古靴好きの方々のブログからわかる。

201708182026356c7.jpg

なぜこの靴が50sの古い意匠なのか。

理由は、50sの靴をモデルにして作ったからだ。

残念ながら、私はこの手の本物(古靴ね)を持っていない。

だから作った。

201708182026356d3.jpg


異彩を放っているのは当然なのだ。


ところが、同じような意匠の靴が現行靴で他にもあった。


201708182104008b1.jpg


ハンガリーはブダペストの VASS "Alt English"

Alt = old , Englisch = English だから「古い英国風」という意味だが、アメリカ風じゃないのね。


紐穴の幅は全て同じだし、


20170818211140f1f.jpg

アサコブほどではないにしても、すぐには下がらない。


201708182104011b1.jpg


20170818210402ed8.jpg


確かにVASSのこのモデルは無骨で、スタイリッシュではない。

昔のスタイルそのまま?

化石のようなモデル(笑)。


古靴風の現行靴は好きだ。

しかし、そうそうあるもんじゃない。

「だから作ろうと思う時があるのだ」

と、嫁さんに言ったことがあるけどね。


201708182104033ea.jpg

スポンサーサイト

 靴について

0 Comments

Leave a comment