HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

SHOETY 福岡大名

先日福岡に日帰りで行ったときに寄った靴屋「SHOETY」
福岡は大名地区のテナントビル2F。大きな看板が出てないのであまり目立たない店である。
でも店の中にはたくさんのデッドストックシューズがおいてある。
スニーカーもたくさんあるが、自分が興味があるのはやはり革靴。

「ALDEN」、「FOOT-SO-PORT」、「REDWING」、「WALKOVER」などのアメリカン・デッドストックシューズがたくさんある。
もちろんサイズに偏りがあったり、一点ものであったりするが、いろいろと試してみて自分に合うサイズを探すのも面白い。また、古い靴のつくりのよさや革質の良さを実感することができる。
そして、これらの良靴が非常に良心的な価格で売られているのがうれしい。

さらに何よりも、店長さんの話が興味深い。
店においてある靴のサイズについてのアドバイスは当然だが、メーカーのエピソードやその靴のどこがよいのか、その靴が作られた背景、別注にまつわる情報などなど、熱く語ってくれて、聞いていてとても面白い。
特に「ALDEN」と「FOOT-SO-PORT」については特別な思い入れがある人です。
「ああこの人は本当に靴が好きなんだなあ」と思った。
こちらも勢いでどんどん話し込んでしまい、靴を買いに来たのか、靴の話しをしに来たのか、どちらかよくわからなくなるほど。
自分で「デッドストックシューズを売るのは天職」と言い切った。
うらやましいね。

こういう店が自分の街にあれば毎日でも行くのになあ。
商品がデッドストックである以上、よい靴を集めるのはどんどん難しくなる。
「FOOT-SO-PORT」なんて工場が燃えてそれまでの木型がすべてなくなってしまい、再出発してからの靴はもうだめだそうだ。
昔の良靴はどんどん消えていく。
でもこの店はいつまでもなくならないでほしいと思う。福岡に行く楽しみが増えた。

HPがある(販売もできます)ので、興味のある人はぜひ見てください。
スポンサーサイト

 お気に入りの店

0 Comments

Leave a comment