FC2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

ドイツボックスつながり


前回、カールフロイデンベルグのドイツボックスを使った靴を並べたが


2018022508363530b.jpeg


フロイデンベルグ社が皮革製造から手を引き、今や幻となったこの革を、地方の注文靴店まで探しに来る客までいるそうだ。

もうほとんど枯渇してしまったのではないだろうか?


フロイデンベルグのレシピを引き継ぐタンナーが「ワインハイマー・レダー社」。


ワインハイマーのボックスカーフを使った靴を1足だけ持っている。

ボックスカーフつながりということで・・・・


20180226175254e4a.jpeg

20180226175256f07.jpeg

「靴のハシモト」で初めて作った靴。

コードバンで作ろうとしたが革が足りず、諦めたところに、橋本さんから「ドイツボックス入ってるよ」と聞いて注文することにした。


20180226175257e80.jpeg

本来は、ボックスカーフと呼べるのは黒のみだという話も聞いたことがあるが、割とアバウトで、茶でもボックスカーフと呼ばれるらしい。

2018022617525887d.jpeg

カールフロイデンベルグと同じレシピというが、革の雰囲気は違う。

原皮の違いなのか、時代の違いなのか、設備が変わったからなのか(ワインハイマーの工場はポーランドだそうだ)、同じレシピでも違う革になる。


2018022617530287d.jpeg

これはこれでいい革で、いい靴なのだ。
スポンサーサイト

 靴について

0 Comments

Leave a comment