FC2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

靴箱


新品の靴を買った時には必ず付いてくる

靴箱


あくまで脇役の存在だが、ブランドによって個性があり、比べてみるとなかなか面白い。

「結構、金かかってるよな」と思うものもあれば、

「主役で勝負」的な安っぽいものもある。

頑丈なものもあれば、弱そうなものもある。


いくつか紹介。

まずは地味系


20180614225738db1.jpeg

ロイドフットウェア

真っ白。地味です。派手さが一つもない。

色気なし。でも、この潔さがとても好きだ。



20180614225739c62.jpeg

丸善 マナスルシューズ

これも超シンプル。

でもロイドほどカッコ良くは見えないのは何故だろう?



20180614225737d86.jpeg

VASS

全く色気なし。

靴自体は非常に高価だが、箱には金かけてない。

デザイン性も皆無。

無骨な靴の雰囲気にはマッチしている。



20180614225741846.jpeg

hand sewn welted boots maker o.e.

地味だけどおしゃれ。

全体に紙が貼られたしっかりとした作りの化粧箱だが、敢えて生成りの色にしている。

実はコストがかかっているが、そう見せない。

キザったらしいけどこういうのが好きだ。



201806142257362e3.jpeg

CITTA

鹿児島市郊外の小山にある工房

一般的な蓋と箱の分離型ではなく、一体型。

差し込むように箱を閉じる。

化粧箱ではなく、厚手の紙を使っているだけなので剛性はない。

しかし、地味系の靴箱の中では一番のお気に入り。



色使いがほとんどなく、派手さがなく、地味な靴箱だが、

カッコ良く見せることができるもんだな。



次は豪華な靴箱を見てみることにしよう。

スポンサーサイト

 靴について

0 Comments

Leave a comment