FC2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

発見!地元のリペア店


実家の近くに靴のリペア店を発見!

厳密には発見ではない。

昔からあった。

20180902112640414.jpeg



お世辞にも綺麗とは言えない、昔ながらの昭和の注文靴店が修理屋に転じた店。

以前から気になっていたのだが、いつのまにか無くなっていた。

ところが店舗を移転していたのを偶然発見。


20180901122824d5b.jpeg

綺麗な店!

「飯干製靴店」



今回、実家に帰る際に修理を依頼することにした。

入院させるのはこの靴たち。


20180901122812eef.jpeg

ジョンストン&マーフィー アリストクラフト 60s

20180901122813348.jpeg

20180901122816a1d.jpeg

オリジナルのトップリフトが限界にきている。

20180901122815e15.jpeg



2018090112280700e.jpeg

フローシャイム エラスティック 60s

20180901122806dfd.jpeg

こちらは踵の履き口が重症。

20180901122809807.jpeg

20180901122811736.jpeg


どちらも私とほぼ同じ歳、そりゃあ傷んでくるわな。



さらにコレ

20180901122818600.jpeg

アレン・エドモンズ チェスター 70s

左足踵の履き口、軽傷に見えるが糸切れまで起こしてる。

20180901122824fc1.jpeg



初めてでいきなり3つも持っていった。

店主はやはりというかかなりのご高齢。

しかし、ご夫婦とも元気!豪快に笑う。


私の靴を眺めながら

「昔の靴はいいですねえ」
「革とつくりが今とは全然違う」
「今の靴は革がカスカスですからね」
(すごい表現!)


気になる料金を聞いてみると

● トップリフト交換 〜 2500円(ラバー)
● 踵の革あて補修 〜 1500円(左右合わせて)

トップリフトは普通だが、踵の補修は超破格!

しかも「古い靴は危険だからできない」などと言わない(笑)。

地元のリペア店はどこ行っても断られていたのに。


ついでに聞いてみた。

「今は靴は作っていないんですか?」

すると

本当は作りたいし、木型もミシンも道具も機械もあるけど、修理で忙しくて作れない、とのこと。

「時間かかってもいいですから作ってくれませんか?」

と言おうと思ったら、

「いろんな人から、どひこ(どれだけ)かかってもいいから作ってくれ、って言われるけど、修理を待ってる人に迷惑がかかるから断ってる」と先に言われてしまった。

残念。

でも、いい店に出会えたかもしれない。

もちろん、出来上がりを見てみないと結論は出せないけど。

1週間後には出来上がる。


20180901122825caf.jpeg


スポンサーサイト

 靴について

4 Comments

なおけんた  

Re: タイトルなし

スニゲーターさん

> 修理可能かはビン靴において最重要項目の一つですね…。何分いつ息を引き取ってもおかしくないようなものですし…。
> これによってなおけんたさんはビン靴購入に大胆となり、新しく沢山買うことに…?

古靴で一番多い傷みは踵の履き口ですよね。
一番ストレスがかかるところですから。
その修理を拒否されると確かに古靴に手が出しにくくなります。
それが地元で解消されたことは自分にとっては革命的です(笑)。
ただ、古靴購入については、当方には意欲があってもブツが出てこないという根本的な要因がありますので、難しいですねえ。

2018/09/02 (Sun) 09:06 | REPLY |   

スニゲーター  

修理可能かはビン靴において最重要項目の一つですね…。何分いつ息を引き取ってもおかしくないようなものですし…。
これによってなおけんたさんはビン靴購入に大胆となり、新しく沢山買うことに…?

2018/09/02 (Sun) 00:07 | REPLY |   

なおけんた  

Re: リペアー店

musselwhiteさん

> 良かったですね!
> 行きつけのお店が一軒あると精神的に楽ですね。
> 札幌には現在アノンさんと云う腕利きの修理やさんが有るのですが、自宅から遠くて…
> 以前は会社の近くに一軒あったのですが、家賃高騰と高齢で廃業して仕舞い困って居ました。
> で探して見つけたのが先のアノンさんなのですが、如何せん遠いのが難点。
> でも、一度の三足とは太いですね(笑)

今まで古靴のリペアは、地元ではヒール以外はことごとく断られていたので、いつも東京や福岡、大阪に頼んでいました。
それが地元でできるようになっただけでも革命的です。
しかも安い。3足で6000円弱なんです。
この前、履き口修理で福岡に出した時は4000円以上かかりました。しかも1足です。これに送料もかかったので、今回の3足分とほぼ同額!驚きです。

2018/09/01 (Sat) 16:25 | REPLY |   

musselwhite  

リペアー店

良かったですね!

行きつけのお店が一軒あると精神的に楽ですね。

札幌には現在アノンさんと云う腕利きの修理やさんが有るのですが、自宅から遠くて…

以前は会社の近くに一軒あったのですが、家賃高騰と高齢で廃業して仕舞い困って居ました。

で探して見つけたのが先のアノンさんなのですが、如何せん遠いのが難点。

でも、一度の三足とは太いですね(笑)

2018/09/01 (Sat) 13:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment