FC2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

RAYMAR 詳細


ヤフオクで手に入れた未使用のRAYMAR


2018091218524384b.jpeg


税込20,000円を切る靴には見えない。


20180911153324b0d.jpeg
201809111533234cf.jpeg


サイドビューが綺麗。


20180911153335d85.jpeg

ワインハイマーのボックスカーフは肌理が細かい。

僅かにトラが見られるが、ほとんど気にならない。

こういうところでコストカットしているのだろうが、このレベルの革なら大歓迎。

20180911153328aee.jpeg

穴飾りも綺麗で丁寧、雑な感じは一切無い。


20180911153329ebb.jpeg

ハンドソーン ウェルテッドシューズお約束のインソール。



早く履き下ろして履き心地を試したいのだが、天気が悪い。

そこで、室内で履いてみた。



20180912185236a99.jpeg

羽根の開き具合がちょうど良い。

20180912185237043.jpeg

土踏まずのフィット感が素晴らしい。

指が当たるところもなく、踵も浅からず深からずちょうど良い。

20180912185239c80.jpeg

私にとってこのラストのサイズ9は、新品の靴の理想的なフィット感。

ハンドソーンとか、革が良いとか、仕上げが綺麗だとか、そういうスペックだけの靴ではない。

靴としての基本的な機能がしっかりしているように感じる。


20180912185240217.jpeg



RAYMAR は中国製。

しかし中国製は安かろう悪かろうではない。

すでに多くの中国製本格靴が作られ、職人の腕が相当上がってきているという話を聞いたことがある。

全ての中国製靴が良いわけではないと思うが、製品管理、指導を徹底していけば素晴らしい靴が出来上がるのだ。


20180912185242229.jpeg

価格も見た目もフィット感もレベルが高く、何より満足感がある。

日本製、英国製、米国製などに必要以上の価値観を持つ、頭が固くて頑固な中年オヤジが満足できる中国製。

それがこのレイマー である。

もちろん、まだ本格的に履いていない。

早く履き下ろして、履き続けて、この靴の評価を決定したいと思う。


20180912185233eae.jpeg
スポンサーサイト

 靴について

10 Comments

なおけんた  

Re: 興味涌いてきました


しんのすけさん

> RAYMAR、値段も魅力ですが、サイズ感がジャストというのがすごいですね。
> 新品を買うときは、店舗で確認しないと、二の足をふんじゃいますよね。

そこが一番怖いところだったんですけど、出品者にサイズ感(靴下の厚みに合わせたサイズ感)を聞いたり、レイマー のウェブサイトで木型の特徴や評判を見て、一応熟慮して決めました。
一面、賭けのような感じですが、今までebay で鍛えた感覚と度胸が役にたちました(笑)。


> ご存じと思いますが、VANの石津さんも、租界の天津で服作りを学んだ
> そうで、米英の軍人もいましたので、戦前から土台はあるはずです。
> 香港とか大連なんかには、靴と服の仕立て文化があったはずなんですよね。
> なので、RAYMARの社長さんが、技術移転したのか、元々あった工場を
> 使っているのかはきになりますよね。しかも、機械ではなく、ハンドメイドですもんね。
> 中国にも、大都市を中心に、高級セレクトショップが続々と出来ているそうなので、
> いずれ、高級靴のマーケットも中国中心になるかもしれませんね。

ebay で手に入れた“ Lee Kee ” という靴が香港の有名注文靴店だったようです。
英国の植民地としての150年で英国服飾文化が浸透したのだと思います。
高品質の英国式ウェルテッドシューズが作られる土壌があったんですね。
レイマー が中国のどこで作られているか知りませんが、中国は侮れないですね。

2018/09/14 (Fri) 19:41 | REPLY |   

しんのすけ  

興味涌いてきました

  なおけんたさん

お疲れ様です。

RAYMAR、値段も魅力ですが、サイズ感がジャストというのがすごいですね。
新品を買うときは、店舗で確認しないと、二の足をふんじゃいますよね。

ご存じと思いますが、VANの石津さんも、租界の天津で服作りを学んだ
そうで、米英の軍人もいましたので、戦前から土台はあるはずです。
香港とか大連なんかには、靴と服の仕立て文化があったはずなんですよね。
なので、RAYMARの社長さんが、技術移転したのか、元々あった工場を
使っているのかはきになりますよね。しかも、機械ではなく、ハンドメイドですもんね。

中国にも、大都市を中心に、高級セレクトショップが続々と出来ているそうなので、
いずれ、高級靴のマーケットも中国中心になるかもしれませんね。

ではでは、失礼します。

2018/09/14 (Fri) 13:06 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

ki102otuさん

> ジャランよりいいですか、
> ジャランも長いことインドネシアでハンドソーンで作っていますが、
> それよりもいいとなると気になりますね。
> ジャランみたいに革質にばらつきがあったりしないのであれば素晴らしいです。
> RAYMARはフットワークが軽いのも好印象ですね。
> リクエストが20足あれば作ってくれるとか、今時らしい
> フットワークの軽さというか、消費者との近さを感じられる生産者だと思います。

あくまで個人的な見解ですが、私にとってはジャランより満足感が大きいんです。
以前、バーニーズニューヨークでジャランのローファーを買いましたが、結局手放しました。
良い靴だという印象は十分にあったにも関わらず。
理由はローファーだからなのか、アジア生産だからなのか(ものづくりに関して欧米日崇拝主義が間違いなく自分にはあります)、ハッキリと覚えていません。
でもレイマーは、アジア生産であることが気になりません。
それだけ満足感が高いということだと思うんです。
満足感の一番の理由はフィット感ですね。
少ないロット数で作ってくれるのは魅力的ですね。
だからウチの地元のショップが、レイマー にショップオリジナルを発注しようとしたんでしょう。
ただ、断念してます。たぶん、人気がありすぎて生産が追いつかないからではないかと思うんです。
小さな地方のショップでは発注は難しいようですね。

2018/09/14 (Fri) 00:48 | REPLY |   

ki102otu  

ジャランよりいいですか、
ジャランも長いことインドネシアでハンドソーンで作っていますが、
それよりもいいとなると気になりますね。
ジャランみたいに革質にばらつきがあったりしないのであれば素晴らしいです。
RAYMARはフットワークが軽いのも好印象ですね。
リクエストが20足あれば作ってくれるとか、今時らしい
フットワークの軽さというか、消費者との近さを感じられる生産者だと思います。

2018/09/13 (Thu) 21:27 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

europeanblend さん

> ジャランのときもそれなりの衝撃でしたが、やはり繊細な日本人目線の企画というのはまた違いますね。「1万円台」という線引きが素晴らしいと思います。
> 以前、スーパーのスーツ売り場でオーダーフェアやってまして、スーパーですから庶民的価格だったんですが、担当といろいろ話してたら、某大手デパートも実はうちがやってます、と。
> 要は場所と言うか、入口が違うだけなんですね。それで何万円も違う。
> その大手デパートで以前作ったスーツのタグを見ると確かに一緒でした(^^ゞ
> 老舗デパートというブランドの安心感を取るか、実を取るか、ということを学んだ出来事でした。
> ショーンハイトさんやレイマーさんもこれと似たような感想を持ってます。
> 受注が増えてもクオリティを頑張って維持して頂けたら、と。
> 旨かったラーメン屋が人気が出てクオリティが。。。ということはよくあるので(^^ゞ

正直、ジャランよりずっといいと思います。
価格を抜きにしても、レイマー の方が満足感があります。
足へのフィット感が非常に素晴らしいんです。
こういう靴を見ると、“中途半端なブランド”名は最早邪魔なものでしかないと思えます。
ショーンハイト やレイマーは無駄な在庫をあまり抱えていないのも価格のアドバンテージになっているかもしれません。
大手は過剰な在庫の分を価格に転嫁している可能性があるからです。
もちろん、ロット数が少ないと価格は上がるでしょうけど。
人気がありすぎて在庫不足になっていますが、数を優先しての品質低下は怖いですね。
確か、発売当初より1000円程価格が上がっているようです。
これから上昇していく可能性があるとすれば、今が買い時かもしれません。

2018/09/13 (Thu) 21:06 | REPLY |   

europeanblend  

ジャランのときもそれなりの衝撃でしたが、やはり繊細な日本人目線の企画というのはまた違いますね。「1万円台」という線引きが素晴らしいと思います。

以前、スーパーのスーツ売り場でオーダーフェアやってまして、スーパーですから庶民的価格だったんですが、担当といろいろ話してたら、某大手デパートも実はうちがやってます、と。
要は場所と言うか、入口が違うだけなんですね。それで何万円も違う。
その大手デパートで以前作ったスーツのタグを見ると確かに一緒でした(^^ゞ

老舗デパートというブランドの安心感を取るか、実を取るか、ということを学んだ出来事でした。

ショーンハイトさんやレイマーさんもこれと似たような感想を持ってます。

受注が増えてもクオリティを頑張って維持して頂けたら、と。
旨かったラーメン屋が人気が出てクオリティが。。。ということはよくあるので(^^ゞ

2018/09/13 (Thu) 14:50 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

Iron さん

> アデレード型で格好良いですね!
> そしてとても2万円を切っているとは思えない造りです!
> なおけんたさんでサイズ9でジャストだと私も同じサイズくらいでしょうか。
> 実際の履き心地も是非レポートお願いします!

良い評判は聞いていましたが、正直ここまで良いとは思っていませんでした。
驚いています。
私の中では他のアジア系本格革靴よりも抜きんでています。
サイズ感は、私が普段履いている薄手のビジネスソックス(透けるほど薄くはありません。いわゆるカジュアルな中程度の厚みのソックスより薄いタイプです)でジャストです。
ジャストというのは、若干タイトだけど心地良いという感じです。
新品の靴を履いた時の私のジャストサイズの基準にピタリとはまってます。
羽根の開き具合もちょうどいいです。
履いていくうちにインソールが沈んで羽根が閉じていき本当にちょうど良くなる予感がします。
この木型は、私にとっては8.5はキツくて不快になるし、9.5ではいずれゆるゆるになるだろうと思います。

2018/09/13 (Thu) 04:40 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

ケンケンさん

> RAYMAR!
> 最近名前を知りましたが、しっかりと作られている靴なのが伝わってきます。
> 中国製の本格革靴と聞くと「名も無きビジネスシューズ」、
> 2万円以下の本格革靴と聞くと「ショーンハイト」が想起されます。
> 個人的には、手を出しやすいここらの価格帯の選択肢がまた一つ増えてワクワクします。

他にもアジア圏で作った良質な本格革靴がありますが、それらよりも価格、品質、フィット感などでこちらの方が満足感が高いです。
表現はしにくいのですが、私の中にある「良い靴の基準」に心憎いほど触れてくるんです。
正直ここまで期待していなかったので驚いています。評判通りですね。

2018/09/13 (Thu) 04:25 | REPLY |   

Iron  

アデレード型で格好良いですね!
そしてとても2万円を切っているとは思えない造りです!
なおけんたさんでサイズ9でジャストだと私も同じサイズくらいでしょうか。
実際の履き心地も是非レポートお願いします!

2018/09/12 (Wed) 22:24 | EDIT | REPLY |   

ケンケン  

RAYMAR!
最近名前を知りましたが、しっかりと作られている靴なのが伝わってきます。
中国製の本格革靴と聞くと「名も無きビジネスシューズ」、
2万円以下の本格革靴と聞くと「ショーンハイト」が想起されます。
個人的には、手を出しやすいここらの価格帯の選択肢がまた一つ増えてワクワクします。

2018/09/12 (Wed) 21:36 | REPLY |   

Leave a comment