FC2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

靴の手入れ 10/15 スキンケア


昨日休日出勤したので、今日は月曜日だが仕事は休み。

土日連続で休みの時は実家に帰るけれど、休日が1日だけの時は単身赴任先に残っている。

だからといってどこかへ行くわけでもない。

暇な時は靴磨き(笑)。


今日は4足。

まずはヴィンテージ。


2018101516284114e.jpeg

60sトリッカーズ を BICK4 で手入れ

20181015162841117.jpeg

ヴィンテージシューズによく効く。

しっとり感が素晴らしい。



20181015162844d06.jpeg

60s ジョンストン&マーフィー アリストクラフトを国産ビーワックスで手入れ

見た目の変化はあまりない。

201810151628426be.jpeg



続いて現代の靴


20181015162845fbf.jpeg

浅草コブラーオリジナル

先日、左足だけビーワックスで手入れしたので、右足もt

2018101516284706c.jpeg

この靴の革は、最初から脂分が少なく、硬くて、あまり好きな革ではない。

だから、意図的に内部に脂分を浸透させるような手入れをしている。



2018101516284865e.jpeg

ハンドソーンウェルテッド・ブーツメイカー o.e.

デュプイのサドルレザーという素仕上げに近い革で、経年変化が魅力的、雰囲気がとても好きな革。

だが、しばらく放っておくと表面のシワ部分が乾燥したような感じになる。

以前、表面に付いた雨染みを取ろうと洗ってから、こういう状態になりやすくなった。

革内部の脂分が少し失われたのではないかと思う。

この靴も脂分の補給が必要。

2018101516285051a.jpeg

BICK4 はやっぱり効果抜群。



今回は脂分の補給を目的とした手入れ。

言わばスキンケア。

こういう手入れも時には必要だ。

「靴の手入れは化粧と同じ、メイクアップとスキンケアがある。」
「だからそれぞれに応じて手入れ用品が色々と必要なのだ。」

手入れ用品が増えていく理由をこうやって説明すれば、家族の白い目をかわすことができるのではないだろうか?
スポンサーサイト

 靴の手入れ

2 Comments

なおけんた  

Re: ビーワックス……

しんのすけさん

> ビーワックス、いろいろ試していただいてありがとうございます。
> いまひとつ効果抜群とはいかないようですね。
> 蜜蝋、油分ではなく、ロウなわけですから、革には浸透しにくい
> ですよね。
> 自然志向のワックスコーティングという感じでしょうか(笑)。

蜜蝋は確かにロウですから表面的な感じですよね。
ただ、蜜蝋は植物性の油には溶けるのだそうです。
このワックスも蜜蝋と椿油と菜種油です。
で、油は革に浸透しやすいです。
油が浸透するときに蜜蝋も浸透するのかなあとも思うんですけどねえ。
それから蜜蝋はゆっくり浸透するとも聞いたことがあります。
塗ってから1〜2日
くらい置いた方がいいんでしょうかねえ。

> 前回記事の、ヘンリーコットンズ、私も着てました(笑)。
> そして、今は入荷していないようですね。
> おっしゃるように、ラルフは、ロゴがでかいので、やや気取りすぎている。
> このブランドは、イタリアンテイストもある、アメリカンカジュアルで、
> ちょうどよかったんですけどね。
> 一昨年買ったシャツは、トルコ製でしたが、生地も縫製もよかったです。
> おそらく、ファストファッションに飲み込まれたちゃってるんだと思いますが、
> 残念ですね……。

別の記事では倒産したような話も目にしました。
私の好きなトラッドはすでに死語になりかけてます。
思えば、好きなブランドは全てトラッドなんですよね。
BBは別格なんでしょうが、ブランドの栄枯盛衰って激しいんでしょうね。
ラルフローレンも最近元気がないようですし。
100年以上続くブランド、メーカーって凄いですね。

2018/10/16 (Tue) 20:47 | REPLY |   

しんのすけ  

ビーワックス……

  なおけんたさん

お疲れ様です。


ビーワックス、いろいろ試していただいてありがとうございます。
いまひとつ効果抜群とはいかないようですね。
蜜蝋、油分ではなく、ロウなわけですから、革には浸透しにくい
ですよね。
自然志向のワックスコーティングという感じでしょうか(笑)。

前回記事の、ヘンリーコットンズ、私も着てました(笑)。
そして、今は入荷していないようですね。
おっしゃるように、ラルフは、ロゴがでかいので、やや気取りすぎている。
このブランドは、イタリアンテイストもある、アメリカンカジュアルで、
ちょうどよかったんですけどね。
一昨年買ったシャツは、トルコ製でしたが、生地も縫製もよかったです。

おそらく、ファストファッションに飲み込まれたちゃってるんだと思いますが、
残念ですね……。

2018/10/16 (Tue) 13:12 | REPLY |   

Leave a comment