HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

SAION のプレーントゥ

約半年前に完成した内羽根のプレーントゥ。

ブログ用3

昨年東京に行ったときに、ABCマート銀座店内のオーダーシューズ工房「SAION」で作った靴。

ビスポークやパターンオーダーを注文する経済的余裕がなく、マッケイ製法のパターンメイドで注文したもの。
現在自分が持っている唯一のマッケイ靴である。
どちらかというとマッケイのような華奢な靴は好みではないが、こういう靴が1足あってもいいだろう。
内羽根黒プレーントゥという、非常にフォーマルな靴なら、コバがあまり張り出さない方が上品である。

4万円でお釣りがきたが、安かろう悪かろうではない。
革はイルチアのカーフ。なぜか「OSAKA MOCS」という名がついていて、黒がとても深いのが気にいった。
ほとんどの工程を手作りで行っていて、フィッティングも非常に良い。
土踏まずがかなりえぐれていて、マッケイらしく底の返りがとてもよく、何より軽い。女性的な感じがする。

ブログ用2

最初から履き心地が良かったが、半年履いてきてさらに足に馴染んできた。
馴染んでくると同時に、右足の小指の先が先芯の終わりの部分に若干あたるのが気になりだした。
つま先の減り方も結構早いと思う。

それで、今度東京に行ったときに、SAIONで調整してもらおうと思っている。
小指があたる部分は先芯を少し広げればよい。
柔らかい革を伸ばすのは、癖付けに何週間か時間がかかるが、かたい先芯はすぐに調整が終わるそうである。
つま先部分はラバーを貼ってもらおうと思う。これも時間はかからない。
履きならしながら調整を加えていって、さらに履き心地を向上させていくのも靴の履き方の1つだと思う。

調整のついでに、新たにマッケイ靴を注文してみようかな。

今度は、カジュアルなU-TIPに挑戦してみようか。型押し革などを使っても面白い・・・・。

ブログ用1
スポンサーサイト

 靴について

0 Comments

Leave a comment