fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

ユケテン 履き下ろし


京都の モラール で購入した「ユケテン」のローファーを履き下ろした。

20181208194932cc2.jpeg

ローファーに対する自分の好みは、ヴァンプが短くないこと。

ヴァンプが短いと、高い甲がブリッと出てしまい、甲高がさらに強調されてしまうからだ。

20181208194931d1c.jpeg

比較的ヴァンプが長いと、醜い甲を隠してくれる。

この靴はそんな条件を満たしてくれている。



そして、履き心地は割とタイト。

ローファーはその方が良い。

タイトだけど不快ではない。


20181208194933421.jpeg


アッパーが柔らかく、ソールがクッション性と屈曲性に富んでいるからだろう。

最初からなかなかの履き心地。


20181208194935a79.jpeg


敢えて気になるところは、トゥに十分な高さがないこと。

私の足は親指が結構反っている。

子供の頃は、靴下で穴が空くのがいつも親指だった。

2018120819493759b.jpeg

おかげで、親指の爪がつま先の天井に当たっている(◯部分)。

画像ではわかりにくいが、実際には当たりがクッキリ出ている。

だが、今日1日履いていて痛くなることはなかった。

ただし、靴下の親指部分には赤い色が付いていた。

また、歩いていると踵が少し遅れてついてくる。

これらは、履いていくうちにインソールの沈み込みやソールの屈曲性が増すことで解消されていくと思う。



履き始めはまずまずであった。

201812081949380d3.jpeg



〈おまけ〉

昨日はかしこまった出張だったので、レイマーのセミブローグをスーツに合わせた。

20181208194940527.jpeg

ユケテンとは随分と対照的。
スポンサーサイト



 靴について

2 Comments

なおけんた  

Re: タイトルなし

Iron さん

> ユケテン、やっぱりクッション性が良さそう!
> そして雪駄代わりに使えそうな気軽さがありますね。
> 私も甲高で同じ悩みがあります(^^;)
> コブラヴァンプはそんな甲を隠してくれるのでお勧めです。
> そしてトップラインも深いので、足幅タイトに合わせなくても踵は抜けませんし。
> Nettletonのコブラヴァンプは夏場かなり重宝しました。

なるほど、私にとってローファーが鬼門で、手にしては手直してきたのは、甲高が原因だったのかもしれませんね。
そして、レザーソールのローファーはカジュアルだけどかしこまっているような雰囲気があって、どっちつかずでした。
このローファーならカジュアルしかないですね。雪駄代りという表現は面白いですね。本当に気軽に(気軽しかない)履けます。
コブラヴァンプ試してみようかな。

2018/12/08 (Sat) 22:03 | REPLY |   

Iron  

ユケテン、やっぱりクッション性が良さそう!
そして雪駄代わりに使えそうな気軽さがありますね。

私も甲高で同じ悩みがあります(^^;)
コブラヴァンプはそんな甲を隠してくれるのでお勧めです。
そしてトップラインも深いので、足幅タイトに合わせなくても踵は抜けませんし。
Nettletonのコブラヴァンプは夏場かなり重宝しました。

2018/12/08 (Sat) 21:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment