fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

パントフォラドーロの憂鬱


地元の古着屋で保護した「パントフォラドーロ」

2019022417323145e.jpeg


革は素晴らしいし、雰囲気もいい。

しかもマイサイズ。

手前味噌ながら、手入れで見事に復活。


20190224173238122.jpeg

コレを2,000円でお釣りがくる金額で手に入れられたのはラッキーである

・・・・と思っていたら


201902241732414fc.jpeg

左足が傾いている!

20190224173243ddb.jpeg

正面から見ても・・・傾いてる!


ソールを見る。

20190224173231ac2.jpeg

このソールの形状が曲者。


20190224173231345.jpeg

左足踵(向かって右)のポイントの擦り減り方が大きい。

中古であるからソールが擦り減っているのは覚悟の上だし、人の歩き方には癖があるから、左右の減り方が違うのは当然だ。

ただ、このようなスパイク状のポイントは、フラットなソールに比べて減りの影響を受けやすい。

特に3点で地面に接していると傾きやすいのではないか?

基本構造の問題である。

製作側はこうなることを想定していなかったのだろうか?


だが仕方がない。

実際に履いてみると、バランスがものすごく酷いとは感じないが、違和感を少し感じる。


そこで考える。


20190224173236e06.jpeg

ソールをフラットにしたらいいんじゃないか?

ポイントを削って、ラバーを貼ればいいんじゃないか?


さっそく地元のリペア店に持ち込んで聞いてみたら、このアイデアにイイ顔しなかった。

「ポイントの中は空洞の可能性がありますから、穴が空きますよ」

「それは覚悟の上です。前半分と踵にラバー貼れば穴も塞がれますよね。」

「このソールはラバーがくっつかないかもしれませんよ。イタリアのゴムはそういうのが多いんですよ。」

2019022417323954b.jpeg

「それでも貼るなら全面に貼った方が剥がれにくいですね。部分的に貼ると(このソールの場合は)境目から剥がれてきます。」

「その場合、いくらになります?」

「5,000円です」

(本体の2.5倍か・・・)

「一番いいのはオールソールで縫いをかけるやつですね。」

「いくらですか」

「10,000です」

(5倍じゃないか!)


成功するかどうかわからない修理でも5000円、オールソールが1万円。

うーん

安く手に入れたけど、金かかるなぁ。

世の中そんなにイイことってないんだな。

迷った挙句、今回はリペアしないことにした。

うちの地元の修理屋はこういうことが多い。

だから県外に行くんだよなあ。

しばらくは修理せずに履いていこう。


201902241901535a0.jpeg
スポンサーサイト



 靴について

2 Comments

なおけんた  

Re: タイトルなし

クロマメさん

> 古靴あるあるですね( ;∀;)
> 「思いのほか、安くゲットできてラッキー♪」
>   ↓
> 「ちょっと、ここ気になるなあ」
>   ↓
> リペア価格 > 落札価格
> すごく良い靴で気に入っているのに、なんとなく敗北感を感じてしまうという。。

まだ履くのに不便はないからいいですけどね。
リペアに向けて情報収集が必要ですね。
作戦を練ってみます。

それにしても、こういうスパイク状のソールは、土の上で履くものだと思うんですが、コレを街履きに使うとはどういう考えなんでしょうかねえ、メーカーは。

2019/02/25 (Mon) 20:26 | REPLY |   

クロマメ  

古靴あるあるですね( ;∀;)

「思いのほか、安くゲットできてラッキー♪」
  ↓
「ちょっと、ここ気になるなあ」
  ↓
リペア価格 > 落札価格

すごく良い靴で気に入っているのに、なんとなく敗北感を感じてしまうという。。

2019/02/25 (Mon) 18:24 | REPLY |   

Leave a comment