FC2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

 NETTLETON  ネトルトン ロングウィングチップ

最近は全然古靴を手に入れていない(手に入らなくなった)ので、自分のお気に入りの古靴について改めて書き込んでいこうと思う。

以前に登場した靴ばかりで新鮮味がない(古靴だけど)が、手に入れて数年がたち、最初の頃とは見方が変わったり、新しい発見があったかもしれない(または何も変化がないかも)。

まずはコレ。

IMG_2393.jpg

ネトルトン ロングウィングチップ

IMG_2395.jpg

いわゆる “ガンボート”

ガンボートといえば、フローシャイム・インペリアル・Kenmoorが有名だが、絶対こっちのほうが迫力がある。

IMG_2397.jpg

とてもグラマーで押し出しが強く、これに比べたらKenmoorはかなり淡白に感じる。

肉食系と草食系、大人と子供ほどの差がある。

IMG_2401.jpg

レザーソールは非常に目が詰まっていて明らかに上質。

こんなレザーソール、今では見られないのではないか?

おそらく70sであろうこの個体、明らかに同時代のフローシャイムよりも素材がよい。

フローシャイムは高級大衆靴、ネトルトンは高級靴という位置づけであったことがよくわかる。

IMG_2402.jpg

中敷きは素っ気ない。

ロゴは片方だけ。


IMG_2404.jpg

今日気付いたけれど、左足踵部分の出し縫いの仕上げが雑だ。

前からのステッチラインと後ろからのステッチラインが大きくずれてる(笑)。

これでも高級靴?アメリカ的なおおらかさ(笑)。


さらに気付いた(というか、忘れていた)ことは

IMG_2408.jpg

サイズが 「9.5E」 だということ。

自分にとってのアメリカ古靴のジャストサイズである。

10Dはよく見かけるが、9.5Eはなかなか見つからない。

同じサイズのironさんが5足(6足だったかな?)も持っているのに比べて、

自分はKenmoor1足だけしか持っていない・・・・・と思い込んでいた。

2足目があったじゃないか!

IMG_2407.jpg

まだまだ硬いけれど、自分のもつガンボートの西の横綱として、この靴は手放せないお気に入り。

もっと、どんどん履いていかないとね。

IMG_2394.jpg

IMG_2396.jpg



スポンサーサイト



 靴について

2 Comments

なおけんた  

Re: タイトルなし

Iron さん

> なんとNettletonの9.5E!
> 同じ生年月の60年代florsheim9.5Eと共に希少性が高いですね!
> ヴィンテージシューズは一期一会だと言い訳してサイズを妥協してしまう事がありますが、やっぱりベストサイズに越したことはありませんね。

恥ずかしい話ですが、ずっと10Cだと思っていました。
理由は羽根の開きが若干広いからです。
すなわち、フローシャイムに比べて甲が若干低いんです。
だからジャストサイズという感覚ではなかったんですね。
でも、貴重な靴であることには変わりありません。

2019/10/25 (Fri) 22:26 | REPLY |   

Iron  

なんとNettletonの9.5E!
同じ生年月の60年代florsheim9.5Eと共に希少性が高いですね!

ヴィンテージシューズは一期一会だと言い訳してサイズを妥協してしまう事がありますが、やっぱりベストサイズに越したことはありませんね。

2019/10/25 (Fri) 22:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment