fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

ジョンストン&マーフィーなんだが・・・・

メルカリ で靴を手に入れた。

ジョンストン&マーフィー ウィングチップ

IMG_4735.jpeg

・・・のコードバン

そして日本製

IMG_4739.jpeg

ロゴは消えかかっているが

IMG_4738.jpeg

このロゴのはず

20170217212255b7f.jpg

日本製でこのアリストクラフトのロゴは比較的古いのではないか?
リーガルの子会社になる前のチヨダシューズ製?


IMG_4743.jpeg

随分とくたびれているが、割れや裂けなどのダメージはない。

出品者もそう答えてくれた・・・

手入れをすればたぶん蘇る。


が!


IMG_4740.jpeg

ここに隙間がある。


靴好きならこの隙間を見ればへこむ(笑)。

へこみながらも触ってみると・・・・

IMG_4741.jpeg


隙間が広がるではないか!

糸切れを起こしている。


隙間から見える糸が私をあざ笑っているかのようだ。

そして、アウトソールの中央は押さえるとぺコンペコンしていて非常に薄くなっているのがわかる。

確かにアッパーは大丈夫だが、ソールに大きなダメージ。

「やられた️」

・・・かどうかはわからない。

気付いていなかったのかもしれない。気付いていれば悪質だが。

IMG_4742.jpeg



説明不十分で、ハッキリ言って返品ものである。

だが返品しないことにした。

私は、正当な理由がある場合は返品を厭わない性格である。
ダメな場合はダメとはっきり言う。返品のための労力も苦ではない。

だが今回は、ダメージのないコードバン が格安だったので、返品せずにオールソールしてみることにした。

IMG_4745.jpeg


先日、リペアが終了したblueover を引き取りにいった際、このJ&Mを入院させた。



さて、オールソールの打ち合わせ

IMG_4736.jpeg


ラバーソールにするかレザーソールにするか迷った。

地元のリペア店 「Tacoma」 は、ラバーソールのほうが料金が高いのだ。

とはいってもどちらも良心価格。

リペア内容は次のようになった。

① レザーオールソール
② ヒールは10mm厚程度のラバーヒール
③ ハーフラバー(なんとサービス!)
④ 出し縫いは手縫い!
   
この工房には出し縫いの機械がないので、機械縫いを外注する(信頼できる関西の同業者)ことが多いが、自分で手縫いする場合もあるとのこと。
「外注すると出し縫いに4日かかり、手縫いなら1日で出し縫いが終わります。どちらにしますか?」
と聞かれたので、
迷わず

「手縫いで!」

とお願いした。(驚くべきことに、どちらも同じ金額なのである)

これで12,000円未満。良心的だなあ。

それでも靴の購入費より修理費が高い(笑)。


完成まで4週間ほど。

オールソールして良かったと言えるように、リペア後の手入れもしっかりしてこの靴を蘇らせたい。


IMG_4746.jpeg

スポンサーサイト



 靴について

4 Comments

なおけんた  

Re: なるほど……

しんのすけさん

> チヨダシューズ、独自にJ&Mと契約してるんですね❗ なんか、70年代には参加に入ってるので、複雑ですね。
> 僕が知り合った方は、当然ながら、チヨダからREGALに吸収されて、転籍した方なので、チヨダ時代のお話なのか、REGAL時代の話なのか、いまひとつわからないのでした(REGALが契約してても、作ってるのは、チヨダさんなのがさらに、分かりにくいんですが(笑))。
> おっしゃる通り、アリストクラフトなので、吸収前チヨダ製の推定、適切だと思います。REGALに問い合わせると、異常に親切なので教えてくれるかも(笑)。
> 年代測定、楽しいですね。ではでは、失礼します。

昭和46年(1971)に日本製靴(今のリーガル)との共同出資により、共同の販売会社を設立し、両者の販売部門を統合したそうですから、この時リーガル傘下になったんでしょうね。ただ、完全子会社になるのは平成12年で、それまではリーガルの影響下チヨダシューズとして独立した形(といってもリーガルの靴を作っていたんでしょう)でやっていたんでしょうね。そしてチヨダシューズとしてJ&M とライセンス契約し製造していたのではないかと。ライセンス契約が切れる頃がいよいよリーガルに吸収される時期だったのかもしれませんね。
あくまで資料に基づく推測ですが、想像力は歴史研究の重要な要素です。私、歴史が好きなんですよ(笑)。

2020/02/23 (Sun) 18:54 | REPLY |   

しんのすけ  

なるほど……

なおけんたさん

返信ありがとうございます。

チヨダシューズ、独自にJ&Mと契約してるんですね❗ なんか、70年代には参加に入ってるので、複雑ですね。

僕が知り合った方は、当然ながら、チヨダからREGALに吸収されて、転籍した方なので、チヨダ時代のお話なのか、REGAL時代の話なのか、いまひとつわからないのでした(REGALが契約してても、作ってるのは、チヨダさんなのがさらに、分かりにくいんですが(笑))。

おっしゃる通り、アリストクラフトなので、吸収前チヨダ製の推定、適切だと思います。REGALに問い合わせると、異常に親切なので教えてくれるかも(笑)。

年代測定、楽しいですね。ではでは、失礼します。

2020/02/23 (Sun) 18:06 | REPLY |   

なおけんた  

Re: こ、こいつは

しんのすけさん

> お疲れ様です。日本製のJ&Mのコードバン、レアじゃないですか? 良いですねえ。
> おっしゃる通り、ロゴはふるそうなんですけど、REGALのライセンス生産は90年ころとチヨダの方に聞いたことがあるので、ちょっと年代はよくわからないですね(でも、シリアルは僕のと似てるのでREGALかなとも思います……)
> せっかくのコードバンなので、がっつり履きたいですね。ではでは、失礼します。

この資料(https://w.atwiki.jp/sysd/sp/pages/399.html)を見ると、チヨダシューズがJ&Mの製造を始めたのが S.58.12だそうですので、1983年ですね。私、大学生でした(笑)。この頃地元のリーガルショップでJ&M 見たので、これは子会社になる前のチヨダシューズ製だったんでしょうね。
H.6.12(1994)にライセンス契約を解消してますね。この後リーガルがライセンス契約ですかね。
私の記憶にあるリーガル製のJ&M のロゴは、横書きの文字だけのつまらないヤツなので、このロゴはチヨダ時代のものなのかなと勝手に推測した次第です。
まあ、どんなに古くても80sですけどね。
オールソール後に手入れと履き慣らしをガッツリしていくつもりです。

2020/02/23 (Sun) 16:39 | REPLY |   

しんのすけ  

こ、こいつは

なおけんたさん

お疲れ様です。日本製のJ&Mのコードバン、レアじゃないですか? 良いですねえ。
おっしゃる通り、ロゴはふるそうなんですけど、REGALのライセンス生産は90年ころとチヨダの方に聞いたことがあるので、ちょっと年代はよくわからないですね(でも、シリアルは僕のと似てるのでREGALかなとも思います……)

せっかくのコードバンなので、がっつり履きたいですね。ではでは、失礼します。

2020/02/23 (Sun) 15:46 | REPLY |   

Leave a comment