fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

HATHORN BOOTS オックスフォード


運命的な出会いをした(と言い張る)HATHORN BOOTS オックスフォード

2020043020271843b.jpeg

サイズ9.5E

20200429073801cc6.jpeg
20200429073749420.jpeg

ホワイツブーツ・セミドレスの同サイズを履いた感じでは、少し緩いかなと思っていたが、意外にもタイトジャストフィット。

私とほぼ同じサイズのIron さんが9Eだったのでびっくりした。

木型が違うのか、個体差なのか、このサイズで良かった。


20200430202716da2.jpeg

グラマーなヒップ。


20200430202719ede.jpeg

クロムエクセルのしっとりとした質感。

20200430202722226.jpeg

質が落ちてきた一部の(最近の?)クロムエクセルとは明らかに違う。


20200430202724a5a.jpeg

ライニングなし。なくても大丈夫。

【追加】ライニングなしと思ったら、ヴァンプ(靴の前部分)にはライニングあり。アッパーと同じ革&同じ裏面だったので気づかなかった。

202004302027346d4.jpeg

中敷きにロゴなし。これは私のホワイツブーツと同じ。

あれ?Iron さんのはロゴがあったな。


20200430202725b6e.jpeg

エッジは切りっぱなし。

こういうのは嫌いではない。この靴に合ってる。

2020043020272488b.jpeg


20200430202727a88.jpeg

アッパーのエッジを外に曲げてミッドソールに直接縫い付ける一般的なステッチダウン。
【追加】ライニングはインソールとミッドソールの間に織り込む。

ここがホワイツとの決定的な違い。

ホワイツはアッパーと同じ種類の細革をアッパー(&ライニング)とインソールにハンドソーンで掬い縫いして縫い付け、それを縫い目を隠すように谷折りして、ウエルトのようにしてミッドソールに縫い付ける。

20200505181324f2e.jpeg

この一番手間のかかる部分を簡略化しているのがハソーンなのだろう。

202004302027289e5.jpeg

土踏まずから後半のアッパーのエッジは内側に巻き込まれ、薄いミッドソールとの間に分厚いハーフミッドソールのような革が見られる。

20200430202730c96.jpeg

つま先部分にもインソールがある。
ステッチダウンなのにインソールがある。

一般的なステッチダウンの靴は構造が簡単で、アッパーのエッジがグルリと一周ミッドソールに直接縫い付けられる。

クラークスのデザートブーツのように。

クッション性を良くするために内部にパッド入りの中敷きを貼り付ける場合はある(クラークスのように)。

しかし、ハソーンのインソールはそれとは違い、靴の構造の一部であり、リペアか破壊(笑)する場合を除いて剥がすことはできない。

私が贔屓にしている靴工房CITTAの靴も、オーダーを価格面で身近なものにするためにステッチダウンを採用し、中敷きを貼っているのだ(とは言ってもとても手間がかかっている)。

だがハソーンは、ホワイツの手間を簡素化しているとはいえ、非常に手間のかかるステッチダウンとなっている。



20200429073757b4a.jpeg

アウトソールはクッション性の高いビブラム。

アッパーの硬さをここでフォローしているのかも。


ネイビーの乳化性クリームで磨いてみた。

20200430202733ad9.jpeg

クロムエクセル は塗りすぎるとベタつくので薄く。

202004302027317e0.jpeg


そして履き下ろし(^^)。

20200430202737917.jpeg

履いているうちにタイトフィットも解消されていく。

むしろ気になったのはタンのエッジが足首に食い込むところ。

これも次第に馴染んでくるだろう。

20200430202739cdb.jpeg

春夏にホワイツの気分を味わいたいね。
スポンサーサイト



 靴について

2 Comments

なおけんた  

Re: タイトルなし

Iron さん

> ネイビーいいですね。
> 特に茶芯との対比が。
> サイズは気になっていたところですが、ジャストサイズだったんですね。
> 私のホワイツは9EEでハソーンが9Eでサイズ表記どおりのサイズ感です。
> アメリカンな個体差でしょうかね?
> 「夏でもホワイツ」を合言葉にお互いガシガシ履きたいですね。

Iron さんの例を見れば、9.5Eのホワイツセミドレスがルーズジャストフィットで、 9.5Eのハソーンオックスフォードがタイトジャストフィットというのは、ブーツと短靴の違いということでもなさそうですよね。
やっぱり個体差なんでしょうかねえ。
ネイビーのクロムエクセルっていいです。
以前リーガルトーキョーのパターンオーダーでフルブローグを作った時もクロムエクセル のネイビーでしたが、コレは油分が足らずカサカサしていて酷い質でした。
クロムエクセル も大量生産でダメになったなあと思いました。
それに比べると、コレぞクロムエクセル !って感じですね。
この夏はドンドン履いていきます。
冬も履けますね。

2020/05/02 (Sat) 18:59 | REPLY |   

Iron  

ネイビーいいですね。
特に茶芯との対比が。

サイズは気になっていたところですが、ジャストサイズだったんですね。
私のホワイツは9EEでハソーンが9Eでサイズ表記どおりのサイズ感です。
アメリカンな個体差でしょうかね?

「夏でもホワイツ」を合言葉にお互いガシガシ履きたいですね。

2020/05/02 (Sat) 15:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment