fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

色違いの靴 NEW&LINGWOOD


先日手に入れた「NEW&LINGWOOD/POULSEN SKONE」

2020112422222379a.jpeg


以前持っていたコイツと色違いの同じモデルではないか?

202011242224034fb.jpeg


真上から

2020112422221493d.jpeg

2020112422215796c.jpeg

おんなじだよな。

20201124222408bd7.jpeg
20201124222402f71.jpeg

メダリオンもパーフォレーションも全く同じ。

202011242224169d4.jpeg
202011242224011f6.jpeg


これ!決定的。

20201124222135c37.jpeg
20201124222153007.jpeg

サイズまで全く同じ

「21923」の後の数字は色を表すのだろうか?


ソールは

202011242221500dd.jpeg
202011242221577b3.jpeg

土踏まず部分の盛り上がりが同じ。


中敷きのロゴ

20201124222218908.jpeg
202011242222252ff.jpeg

これは違う。

茶の方は「POULSEN SKONE FOR NEW&LINGWOOD」

とダブルネームだが、

黒の方は「NEW&LINGWOOD」のみ。

どちらも GRENSON のマスターピースであることは間違いないのだが。

黒はリーガルトーキョーでセールになっていたやつを購入した。

当時はリーガルがNEW&LINGWOODとライセンス契約していて、リーガル製のNEW&LINGWOODが売ってた。

しかも英国でリーガル製のNEW&LINGWOODが売られていたそうな。

そういう流通の関係でNEW&LINGWOODのみのモデルが出たのかな?

ただ残念ながら、この黒はとうの昔に私の手元からなくなっている。

手放さなければ、色違いの同モデルのマスターピースを揃えられたのにね。

黒が茶となって戻ってきたと思えばいいか。

202011242222210db.jpeg
20201124222220cfc.jpeg

コイツはもう手放さないようにしよう。


スポンサーサイト



 靴について

0 Comments

Leave a comment