FC2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

ニュージーランドのスエードシューズ


中古のスエードシューズを手に入れた。

IMG_1378.jpg

今まで、日本、アメリカ、イギリス、イタリア、フランス、ドイツ、スペイン、ポルトガル、カナダ、オーストリア、中国、ホンコン、ハンガリー・・・・と様々な国の靴を手にしてきた(そして手放してきた)。

そして、今回初めてニュージーランドの靴を手にした。

インソールの刻印

IMG_1383.jpg

「MAINLAND BOOTS」

このシューメイカーについて調べると、必ず次のような説明に行きつく。

〇 MAINLAND BOOTSは、1890年にニュージーランド・ダニーディンで、JOHN BROWN FRAMEによって設立されたブランド。
〇 100年以上にわたり培われてきた技術と経験をもとに、熟練した職人達がハンドメイドで1日20足のブーツを生産している。
〇 現在はニュージーランドのクライストチャーチに工房を移している。
〇 日本ではネペンテスが代理店で、エクスクルーシブモデルを展開していた。

ネペンテスでは5万~6万ぐらいで販売していたが、今はもう取り扱っていないようだ。


IMG_1377.jpg

好物のポッテリしたライン


IMG_1381.jpg

オブリークトゥで捨て寸が短い(だからポッテリ)。


IMG_1379.jpg

ビブラムソールでクッション性がある。

アッパーのステッチはかなり大振りで繊細さのかけらもない。

だが、それが良い。

手作り感満載。


ただ


IMG_1380.jpg

トゥが結構汚い。

薄い黄緑色(カラー名は「アボカド」だそうだ)が色あせ、ところどころシミが見られる。

スエードの質はしなやかで良いんだけどね。

しかも若干かび臭い。

出品者が「ずっと靴箱にしまい込んでいた」そうだから、こうなるのも納得。

おかげで、使用頻度が少ないにもかかわらず、購入価格も格安。


これは、手入れに次第ではうまく甦るかもしれない。

そういう手のかかるところは逆に楽しみだ。

IMG_1382.jpg
スポンサーサイト



 靴について

0 Comments

Leave a comment