fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

京都のお土産

厳密に言うと「旅行」ではないけれど、12月に京都に(3日間の出張・中日はフリー)に行くにあたって、嫁さんとお袋から買い物指令が下された。

1つは「内藤商店」のたわし。

三条大橋の西詰にある古い(昭和の臭いがする店だな~と思っていたらもっと古かった)お店で、シュロで作った道具類が売っている。

3年ほど前に京都に行ったとき、ここの「たわし」を買って帰ったところ、大好評。
値段は少し高いが、ものすごく長持ちするすごい「たわし」。
今回も前回と同じ以下の「たわし」を買ってくるように言われた。
 
 ① 掌より小さいかわいい亀の子たわし:小さくてとても使い勝手がよいそうだ。

 ② 棒状の長いたわし:大きさ形は「うまい棒」。うまい棒に針金がらせん状に巻きついている感じ。急須などの入口が狭くて中が深いものを洗うのに最適。しかも、毛先(?)が削れて短くなってきたら、巻いている針金を下の方から剥がせばまた毛先が復活。末長く使える。

 この「たわし」、職場の女性職員に話したら、買って来るように指令が下りました。

2つめは、「石黒香舗」の匂い袋。

匂い袋の専門店で、これも老舗のようだ。
匂い袋だから香水かと思ったら(京都の伝統工芸品だから香水のはずがない)、「香木」のチップ。これを西陣織や友禅染の生地(たぶん、古い着物のハギレを使っていると聞いたような・・・間違いかも)でつくった巾着に入れて香りを味わう。
お茶や着物に詳しい人なら当然のアイテムだが、私は全然知らない世界。
前回は嫁さんに言われるまま「ビャクダン」ください、と言って買ってきた。
他にもいろいろ香り(香木)の種類があるのだろうが、今回も私は「百段」と言って買って来る。

私の一族は香水や化粧品のが苦手(従兄は新婚旅行先ハワイでホテルの部屋の香水を嗅いで倒れた)である。
私も倒れるほどではないが不快である。デパート1階の化粧品売り場は息を止めて走りぬける。
そんな私でも香木はとてもリラックスできる。
癒しの香りとはまさにこのことではないか。
今回、嫁さんの分は中身の香木のチップだけだが、娘には巾着を買ってこようと思う。

お土産を買うだけでも京都は楽しいところだ。
前回、京都のデパ地下でえびのせんべい(非常においしい)を買って帰ったところ、よく見たら名古屋のせんべいだった。
こんなことにならないように、行く前にもう少し勉強して、喜んでもらえる「京都ならではのお土産」を買って帰りたい。

どなたか、良いのがあったら教えてください(またか・・・)。
スポンサーサイト



 旅行

4 Comments

なおけんた  

俵屋吉富のHPみました。おいしそうですし、見た目の工夫も良いですね。

嫁さんにお伺いを立てようと思います。

それから、「ふたば」の豆もちは日持ちがしないので自分だけで味わおうと思っていましたが、フリーの日がなんと定休日でした。残念。

2012/11/10 (Sat) 15:43 | EDIT | REPLY |   

グレイ  

俵屋吉富

こんばんは。

和菓子なら、私は俵屋吉富さんの雲龍が好きです。上品な甘さの羊羹です。断面に龍が飛んでるあの羊羹です。以前職場が本店の近くでしたので、たまに利用していました。

甘いものがお好きな方には良いかもしれません。
京都限定の黒糖雲龍もあったはずです。日本茶が進みます。

2012/11/08 (Thu) 23:02 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

ご指南ありがとうございます。

嫁さん、お袋、親父は漬物・和菓子ですね。
どこのものがいいのかよくわからないので、教えていただいてありがたいです。

信三郎帆布は、前回京都に行ったときに店に入りましたが、兄弟骨肉の係争中で、すぐ近くに一澤帆布がありました。2つの店を同じ視野に入れてみると、和やかな店内の雰囲気とは裏腹に、非常に毒のある雰囲気でした。
裁判に一応の決着がついた今、店のほうはどうなっているんでしょうかね。
それを確かめてみてもいいかな・・・と思っているところです。

2012/11/05 (Mon) 09:05 | EDIT | REPLY |   

グレイ  

お土産

こんばんは。

内藤商店に行かれるのでしたら、近くに旨い珈琲豆を買える喫茶店があります。

河原町三条下ル(京都では南進することを下ルと言います)東側の「六曜社珈琲店」です。一階と地下がありますが、地下のカウンター席が私は好きです。マスターが煎り立ての豆で珈琲を淹れてくれるのを見れますので。珈琲がお好きであれば、是非豆を買われることをお薦めします。イノダコーヒも好きですが、六曜社の方が私は好きです。

あと、三条や寺町通りからは外れますが、定番の出町柳のふたば(塩の効いた豆もちはやはり旨い。日持ちはしない)、阿闍梨餅(京都駅でも買えます)、一澤信三郎帆布(妻に手提げカバンをプレゼントしましたが、丈夫で使い勝手が良いです。)などは大概どなたにも喜ばれますね。

また、西利などの老舗の漬け物もたまに購入しますが、やはり安定した美味しさはあります。

洋菓子なら、新京極通り(寺町通りの隣の通り)や、今出川の同志社大学北側にあるパパジョンズもなかなかいけます。濃厚チーズケーキとエスプレッソがウマい店ですが、日持ちするクッキーなんかもあったはずです。








2012/11/04 (Sun) 23:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment