FC2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

チヨダシューズ製ジャーマン


日本製のジャーマン(のデッドストック)を手に入れた。

2021030122475236c.jpeg

製造したのは

2021030122480160d.jpeg

チヨダシューズ

202103012247550e0.jpeg

ここでチヨダシューズについて簡単に説明すると・・・・・

チヨダシューズ株式会社は1924年(大正14年)4月にチヨダ機械製靴株式会社として設立され、1957年(昭和32年)に現在の社名になった。
戦前は東京都墨田区に工場を構え、移転や工場増設を繰り返しながら、現在は新潟工場(三条市)で親会社のリーガルの高級ラインの靴を作っている。
古くはジョンストン&マーフィーからシェットランドフォックス、リーガルトーキョー、パターンオーダー、REGAL SHOE&CO. など・・・・。

ここ数年再評価されている感のある「リーガル製」ジョンストン&マーフィーは、元々チヨダシューズがライセンス契約して生産していたものをリーガルに引き継いだのだと思う。
「リーガル製」とはいっても作っていたのは引き続きチヨダシューズなのだから、厳密に言うと「チヨダ製」ジョンストン&マーフィーである。

チヨダシューズとリーガルは古くから(子会社化以前から)共同の販売会社を設立し、両者の靴は同じ販売網で売られていた。
大学時代に地元のリーガルショップで見たジョンストン&マーフィーは、リーガルのライセンスものではなく、チヨダシューズのライセンスものだったのだ。

リーガルショップにはもう一つ気になるアメリカブランドがあった。
それが「JARMAN(ジャーマン)」
ジョンマーに比べると地味な印象と値頃感があったような気がした。
要するに格下。
だが、米ゼネスコ社とのジャーマンのライセンス契約は1954年(昭和29年)にまで遡り、昭和58年に契約したジョンマー(こちらもゼネスコ社)よりずっと歴史が古い。
だが、いつの間にか消えてしまった感がある。
実は、チヨダがゼネスコ社とジョンマーのライセンス契約を解除したとき(平成6年)にジャーマンも解除している。
たぶん、リーガルはジョンマーは引き継いだが、ジャーマンは切ったのかもしれない。


前置きが長くなったが、そのジャーマン


20210301224744323.jpeg

内羽根のフルブローグ

20210301224748042.jpeg

丁寧な作りはさすがチヨダシューズ。

2021030122475454f.jpeg

サイズは26.5EEEだが、ボテッとした感じではなく、スッキリとした印象


202103012247274ce.jpeg


20210301224813384.jpeg

出し縫いは、ジョンマーと同じように縫い糸をウェルトに埋め込んだ仕様。


202103012248029be.jpeg

踵のラインもいい曲線

202103012248070a8.jpeg

バックからの景色も綺麗。

20210301224809140.jpeg

この角度のラインもカッコいい。

20210301224812b31.jpeg

アッパーの革は結構肌理が細かく、良い革だと思う。

202103012247597df.jpeg

202103012247540e2.jpeg

サイドから見ても、どこから見ても、高級靴にしか見えない。

チヨダシューズの実力がよくわかる靴だ。

少なくとも27年以上前の靴である。

今よりもモノがいいのは当然か。

20210301224750006.jpeg


最近、デッドで手に入れた靴を履き下ろす機会を逸している。

イヤ、勿体ない気持ちが強いのかも知れない。

ヨシノヤしかり、ネトルトンしかり、そしてコイツもそんな予感がしてきた。

2021030122474213a.jpeg
スポンサーサイト



 靴について

0 Comments

Leave a comment