HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

手持ちの靴についてあれこれ ②

手持ちの靴についてあれこれ語るシリーズ 第2回目

履いていて気持ちが良い靴。もちろん超個人意見。履いた年数にもよるけれど・・・。

「マスターロイド SURREY」

burogu1 L burogu3 L

御存じ、ロイドフットウェアのトップレンジ。
英国のクロケット&ジョーンズ製。
クロケットのスタンダードラインと変わらないもしくは安い価格で、品質は明らかにこちらの方が上。
むしろ2万円ほど高いクロケットのハンドグレードラインあたりと比べた方がよい。
コストパフォーマンスが非常に高い日本規格の英国靴。

この靴は、アッパーの革がとても柔らかい。
柔らかいけど華奢ではない。
柔らかいけど弱くはない。非常にしなやか。
柔らかさと丈夫さが、非常に高度なレベルで両立されている。

だから、履いていて気持ちいい。
アッパーの革が足に吸い付くような感覚がある。

アッパー、ライニング、中敷き(フルソック仕様)、ソールなど、革の柔らかさや硬さがうまくマッチしているのではないだろうか。
もちろん作りやその他の副素材の影響もあると思う。
木型も素晴らしいのだと思う。

burogu2 L

  burogu4a L    burogu4 L

でも、それだけではない。

なぜなら、マスターロイドの「DOWNING」(フルブローグ)は、同じ木型でありながら、私にとっては「SURREY」ほど気持ちよくはない。(断っておきますが、履き心地が悪いわけではないのです)

マスターロイドだから気持ちがいいのではないのだ。

木型とデザインの相性、革の相性、そして使用者の足との相性も重要なのではないだろうか。

要するに、自分にとって全てのバランスがよいから気持ちいいのである。

何かが良すぎても、他の部分が及ばなかったら良いものにはならない。
「過ぎたるは及ばざるが如し」何事もバランスが重要なんだな。

ただ、思いっきりバランスが悪いものに惹かれることも時々ある。
人間だから、バランスを求め過ぎていたら、心のバランスが悪くなるのかもしれない。
やはり「過ぎたるは及ばざるが如し」だ。

burogu5 L



スポンサーサイト

 靴について

8 Comments

なおけんた  

Re: No title

楽天のショップの通信販売は、マスターロイドはキャップトゥとモンクストラップしかありませんので、なかなか買う気になりませんね。
自分がずっと狙っているのはバークレーなんですが、最も数が少ない(というかほとんどない)ようですね。
私にとっての近場では、福岡のリペアショップ「STOMP」が経営する「ハーバーズ」という店がロイドを取り扱っていますが、マスターロイドがあるかどうかわかりません。
少ロット生産で人気があるというのも困ったもんです。

> 私も、前後のサイズは品切れでマイサイズが一足残っていたので買ってしまいました。
> マスターロイドは次の入荷が何か月先になるか・・・という状況のようです。クロケットもロイドは昔からの付き合いでやっているけど・・・という感じかもしれませんね。ただ、ロイド側では、マスターレンジを発注する代わりのメーカーというのはなかなか見付からないかもしれません。店内にサンプルとして他メーカー作製の靴が並んでいましたが、品質維持が確実ではなく製品化の可能性は低そうとのことでした。
>
> クロケットの状況や、円安などを考えると値上げも時間の問題なのかなと思います。通販でも買っておいた方がよいかもしれませんね。
>
> これからも書き込みさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。

2013/02/01 (Fri) 23:31 | REPLY |   

羊ぬけ  

No title

私も、前後のサイズは品切れでマイサイズが一足残っていたので買ってしまいました。
マスターロイドは次の入荷が何か月先になるか・・・という状況のようです。クロケットもロイドは昔からの付き合いでやっているけど・・・という感じかもしれませんね。ただ、ロイド側では、マスターレンジを発注する代わりのメーカーというのはなかなか見付からないかもしれません。店内にサンプルとして他メーカー作製の靴が並んでいましたが、品質維持が確実ではなく製品化の可能性は低そうとのことでした。

クロケットの状況や、円安などを考えると値上げも時間の問題なのかなと思います。通販でも買っておいた方がよいかもしれませんね。

これからも書き込みさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。

2013/02/01 (Fri) 12:35 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

羊ぬけさんが紹介されているロイドのスタッフの方の理論、そう言えば同じようなことを聞いたことがあります。実際、ダウニングの件で銀座店に電話をした時でしたね。電話でしたからもっと簡単な言い回しでしたので、意味が十分に分かりませんでしたが、こういうことだったのですね。
以前から茶の靴の方がしなやかだと感じてはいましたが、色のイメージとばかり思っていました。自分の感覚というのは大切ですね。

それにしてもマスターロイドの品薄は辛い。
私のように年に一度しか東京に行かない人間にとっては特に・・・。ここ3年はロイドで買っていないような気がします。何とかなりませんかね。通販(1つだけ取り扱っている店を知っていますので)で買うしかないのでしょうか。

> ソールの比較の件に続き、こちらにも失礼します。
> 「SURREY(茶)は履いていて気持ちが良いが、同じラストのDOWNING(黒フルブローグ)はそうでもない。」というご感想について、私なりに合点のいくところがありましたので、すでにご存じのことかもしれませんが、書かせていただきます。
>
> 実は年末にロイドで濃茶のWHITEHALL(ストレートチップ)を購入したのです。以前にも同じ330ラストの黒セミブローグを試したことはあるのですが、その時は甲(特に足指の付け根あたり)が余り、履き皺が足に食い込むようになるという予感がしたため、「このラストは自分には合わないのだ。」と思って断念しました。ところが今回、念のためWHITEHALLを試してみたところ、上記の「余る」感じはあるものの、屈曲時の当たりは気にならず、むしろ全体として気持ち良くフィットしているように感じたのです。
>
> そのことを店員さんに話したところ、
> ①まず、黒と茶の革では、仕上げの処理が異なり、通常、黒の方が固くなる
> ②靴の意匠も履き心地に影響する。例えば、革を重ね合わせる部分には多少圧迫感が生じる。また、穴飾りをきれいに空けるにはある程度厚みのある革が必要になる。
> ・・・そうです。よって、履き心地という観点からすると、革が固くてアッパーのパーツと穴飾りが多い「黒フルブローグ」が最もよろしくない、ということになるようです。デザインとしてはとても魅力的ですが。
>
> ラバーソールの件もそうですが、こうして論理的に説明されるとスッキリします。さすがロイドと思った次第です。
> 上質・手頃・クラッシックの要件を満たす英国靴は絶滅寸前といってもよい状況ですので、ロイドさんには頑張ってほしいところですが、いかんせんマスターロイドは品薄(サイズ切れが多い)過ぎますね。世界的なクロケット人気のせいで生産が追いつかず、OEMは後回しになっているのかも・・・。

2013/01/31 (Thu) 06:51 | REPLY |   

羊ぬけ  

No title

ソールの比較の件に続き、こちらにも失礼します。
「SURREY(茶)は履いていて気持ちが良いが、同じラストのDOWNING(黒フルブローグ)はそうでもない。」というご感想について、私なりに合点のいくところがありましたので、すでにご存じのことかもしれませんが、書かせていただきます。

実は年末にロイドで濃茶のWHITEHALL(ストレートチップ)を購入したのです。以前にも同じ330ラストの黒セミブローグを試したことはあるのですが、その時は甲(特に足指の付け根あたり)が余り、履き皺が足に食い込むようになるという予感がしたため、「このラストは自分には合わないのだ。」と思って断念しました。ところが今回、念のためWHITEHALLを試してみたところ、上記の「余る」感じはあるものの、屈曲時の当たりは気にならず、むしろ全体として気持ち良くフィットしているように感じたのです。

そのことを店員さんに話したところ、
①まず、黒と茶の革では、仕上げの処理が異なり、通常、黒の方が固くなる
②靴の意匠も履き心地に影響する。例えば、革を重ね合わせる部分には多少圧迫感が生じる。また、穴飾りをきれいに空けるにはある程度厚みのある革が必要になる。
・・・そうです。よって、履き心地という観点からすると、革が固くてアッパーのパーツと穴飾りが多い「黒フルブローグ」が最もよろしくない、ということになるようです。デザインとしてはとても魅力的ですが。

ラバーソールの件もそうですが、こうして論理的に説明されるとスッキリします。さすがロイドと思った次第です。
上質・手頃・クラッシックの要件を満たす英国靴は絶滅寸前といってもよい状況ですので、ロイドさんには頑張ってほしいところですが、いかんせんマスターロイドは品薄(サイズ切れが多い)過ぎますね。世界的なクロケット人気のせいで生産が追いつかず、OEMは後回しになっているのかも・・・。

2013/01/30 (Wed) 22:05 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: ロイド 、いってきました

そう言えば、ロイドは合わない靴は売らない店でしたね。
合わない靴を無理やり売りつけようとする店に比べるとずっと潔いです。

みきおさんは、甲が薄い足を持っていらっしゃるんですね。
私と真逆です。
私は甲が高くて結構苦労することが多いんです。

注文していらっしゃるビガットの靴をはじめとして、オーダーも、パターンオーダーならそれほど高価にはならない店もありますから、頑張ってください。


> やっといけました
> マスターロイドは素晴らしい靴でした
> ただ、いづれも足に合わず購入を断念しました。
> Mシリーズがなんとか合うかなといった感じです。僕はかなり甲が薄いとのこと。ザンネンでした。
> 接客について、最初は怖かったですが、真剣に買いに来たことが伝わったのか、後半はとても丁寧に接客してくれて、ありがたかったです。
> 笑
> 高価なことはできませんが、オーダーしかないかと、諦めがついたかもしれません。

2012/11/17 (Sat) 19:41 | REPLY |   

みきお  

ロイド 、いってきました

やっといけました
マスターロイドは素晴らしい靴でした
ただ、いづれも足に合わず購入を断念しました。
Mシリーズがなんとか合うかなといった感じです。僕はかなり甲が薄いとのこと。ザンネンでした。
接客について、最初は怖かったですが、真剣に買いに来たことが伝わったのか、後半はとても丁寧に接客してくれて、ありがたかったです。

高価なことはできませんが、オーダーしかないかと、諦めがついたかもしれません。

2012/11/17 (Sat) 18:31 | REPLY |   

なおけんた  

このマスターロイドは6年ほど前に買いました。
もちろん毎日履くわけではなく、不定期なローテーションで履きまわしていますので、年数ほど履き込んではいません。
この5年で手に入れて手放した靴もありますが、この靴は手放せそうにありません。

ロイドは東京では銀座店しか行ったことはありませんが、休日でもそんなに人は多くありません。混雑するのはセールのときだけだと思います。しかも22:00まで開いていますので便利です。ショップスタッフは淡々とした接客で、営業笑いはありません(笑)。必要なアドバイスをしっかりしてくれて、さあ買いますか?的なスタンスです。私は嫌いではありません。
マスターロイドは人気があって、入荷が遅れているモデル・サイズもあります。現に私は2年連続で買えませんでした。みきおさんの好みのデザインの適正サイズがあることをお祈り申し上げます。

2012/11/10 (Sat) 16:00 | EDIT | REPLY |   

みきお  

こちらは何年ぐらい履かれてますか?
深いシワが全くないですね。皮がしなやかというのがわかります。
来週末東京に行くので、念願のロイド見て来ます
店内は人、多いんでしょうね、、、

2012/11/10 (Sat) 13:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment