fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

デザートブーツだが


デザートブーツを購入した。

季節外れのような気もするが、店でラスト1足(マイサイズ)が格安になっていたからね。

例によって「オレに会うために売れ残っていた」という言い訳が立つ状況(笑)。

20210725170413a9d.jpeg

クラークス?

20210725170414005.jpeg

違う。

一見してわかる、クレープソールではない。

20210725170423029.jpeg

デザートブーツらしからぬ重厚なソール

20210725170422301.jpeg

ビブラムでこんな表面感のものは初めて見た。

これはVibram社のMorflex (モルフレックス)というソール。

202107251704313f9.jpeg

EVA発泡剤と天然ゴムをベースにした配合と、ヒールまでの一体成形によって、非常に軽いのである。
 
また、柔軟性に富んだ素材で、屈曲が容易で、滑りにくいときた。

間違いなくクレープソールより軽い。

20210725170426efa.jpeg

ライニングのないアッパーの柔らかさを生かすには、このソールはとても理にかなっているのではないか?

見た目は重いけど(くどい)。



さて、このデザートブーツを作ったメイカーとは?

20210725170432892.jpeg

「Suffolk Shoes(サフォークシューズ)」

サフォークシューズとは

【 1968年イギリス南東部のサフォーク州で創業。
 英国のシューメイカーの中でもステッチダウン製法にこだわる数少ないメーカーであるそうな。
 またその生産は、親子二代に渡り英国で行われている。 】

20210725170434487.jpeg

最近は、2代目さんの名にちなんで、「Jadd Shoes(ジャッドシューズ)」と名を変えたそうで、サフォークシューズとジャッドシューズの両方が混在している模様。

さてこのサフォークシューズ、クラークスと全く無関係ではない。

2015年にクラークスがデザートブーツ誕生65周年を記念して出したアニバーサリーモデル(英国製)を作ったのが、サフォークシューズなのである。

20210725184426c18.jpeg
20210725184424dbf.jpeg

アニバーサリーモデルはオレンジのステッチが目印。


202107251704244c6.jpeg


さて、私のサフォークシューズ製デザートブーツ

202107251704282ad.jpeg

ソールの断面を見ると、レザーの中底にアウトソールがダイレクトに貼り付けられているのではなく、間にラバーのミッドソールがかましてある。

オールソールの際は、中底へのダメージを軽減できる(のかな)。


2021072517043896d.jpeg

アッパーのスエード は、クラークスと同じ「チャールズ・F・ステッド社」のものだという人もいれば、クラークスに遠慮してイタリア製のものだという人もいてよくわからない。

20210725170415fe6.jpeg

毛並みが良くて綺麗なスエード だ。

アンラインドなので何より柔らかい。

20210725170436072.jpeg

剥き出しのカウンターの革も比較的柔らかい。

20210725170417402.jpeg

何度も言うが、軽くて柔らかいアッパーと軽くて柔らかいソールのおかげで、軽くて柔らかい靴が出来上がっている。

20210725170420810.jpeg

スニーカーより軽い気がする。

20210725170435074.jpeg

ブーツだけど、クソ暑い夏でも軽快に履きこなせそうな気がする。
スポンサーサイト



 靴について

0 Comments

Leave a comment