fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

革財布


最近靴ネタから遠ざかっているけれど・・・・また靴以外ネタ

「財布」

財布は、学生のころまでを除いて、その後はずっと革財布を使っている。

靴については、キャンバススニーカーや革とキャンバス・ナイロンのコンビを履いたりしてきたが、財布については一貫して革を選ぶ。

もちろん、ライニングはファブリックの場合があるけれど。

靴ほどではないけれど、いろいろな財布に手を出して、所有してきた。

手持ちの金は少ないくせに(笑)。

中身(金)より外身(財布)の方が高価という変な状態がずっと続いている。

もはや財布は、クレジットカード、キャッシュカード、ポイントカード、身分証明証、病院の診察券(笑)など、お金よりも様々なカードを入れる役割の方がメインとなってしまっている。

現在使っている(持っているではない)財布は3つ。

IMG_5312.jpg

見事にタイプの違う3つ。



まずは左の二つ折り財布

IMG_5314.jpg

地元の銀細工・革小物工房で作ったオーダー品

外装・内装ともに栃木レザーのA等級を使っている。

総手縫いの割には非常に良心的な価格だった。

IMG_5316.jpg

コバもきれいに磨いてある。

10年前に作ったものだが、ヒップポケットに入れて持ち運んだことは一度もないから、なかなか綺麗。

IMG_5315a.png

コインケースはなく、非常にシンプル(画像の白い部分にはイニシャルが刻まれている)。

長らく主役を張っていたが、今は増えすぎたカード類を整理するカードホルダーとして脇役に徹している。



次は右のラウンドファスナー長財布

IMG_5317.jpg

ヌメ革にかなりアジが出ている。

IMG_5318.jpg

良い経年変化といえないかもしれないが、アジはある。

もともと中古を手に入れて(その時点でかなり汚れていた)、手入れしながら使ってきた。

IMG_5319.jpg

ヌメ革の革製品を得意とする「エンダースキーマ」の革財布。

単身赴任を始めてから最も使用頻度が高い財布。

3つの中では容量が最も多いので、一人暮らしの生活費や日常に使うカードを入れている。

レシートもバンバン突っ込む(笑)し、扱いも一番ぞんざい。

でもそんなハードな使い方にも負けない、衣笠幸男・カルリプケンのような存在(わかる人にはわかる)。



最後に真ん中の長財布

IMG_5320.jpg

綺麗な飴色のヌメ革財布。

“スーパーメイドインチャイナ”の靴や革製品を世に送り出している「レザーポート」の長財布。

IMG_5323.jpg

中国の職人が作った総手縫いの長財布。

IMG_5321.jpg

内側はまだ日焼けしきっていないので、もとのヌメ革の色が残っている。

破綻の無い非常に丁寧なステッチ。

IMG_5322.jpg

コバの磨きも素晴らしい。

IMG_5324.jpg

この財布はとても大事に扱っている。

もちろんポケットに入れずにバッグの中に入れて持ち運ぶ。

エンダースキーマに比べたら天地の差がある(笑)。

自分の小遣いや私的な支払いに使うカード類を入れている。

私の生活の中では主役を張る財布であり、いろんな意味で特別待遇の実力者、大谷翔平のような存在。



IMG_5313.jpg

三者三様、それぞれ役割分担が明確な財布たち。

エイジングもそれぞれが違った味を出していくことになるだろう。

キャッシュレス時代の昨今、「〇○ペイ」がもてはやされ(50後半の私でも使っているくらいだ)、もはやカードさえ必要としなくなってきている。

いずれ、財布も必要とされなくなる時代が来るかもしれないが、

「スニーカーが楽であっても革靴を履く」と同じように、革の財布はいつまでも使っていきたい。

便利さだけでは片づけられない大切なモノがあると思うのだ。

スポンサーサイト



 革小物

0 Comments

Leave a comment