fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

オーダー キーケース(Bush clover)


鹿児島のハンドメイド革工房「Bush clover」にオーダーしていたキーケースが完成した。

IMG_5400.jpg

革はイタリアのミネルバボックス

ミネルバボックスはイタリアの「バダラッシカルロ社」の革で、油分を非常に多く含む自然な雰囲気のシボ革。

最初はマットな雰囲気だが、使い込むうちに色が濃くなり艶が出てくるので、革のエイジングが好きな人(私のことだ)には堪らない革だ。

色は、タバコ(ダークブラウン)だとエイジングで黒に近くなるので、コニャックにした。

IMG_5401.jpg

とにかく綺麗で佇まいが美しい。

これはステッチのおかげだと思う。

IMG_5404.jpg

今までのオーダー品はマシンステッチでお願いしてきたのだが、今回初めてハンドステッチ(手縫い)でお願いした。

手縫いこそが職人の萩原さんの本領!

IMG_5405.jpg

繊細で綺麗なステッチ。

IMG_5413.jpg

糸もフランスのリネン糸を使っているというこだわり。

自分の信念をもって妥協しないモノづくりをしている。でも価格は良心的。

IMG_5402.jpg

普段は隠れるところも手縫い、総手縫いだ。

IMG_5403.jpg

コバの処理も一切手抜きなし。

金具はすべて真鍮でお願いした。

革はエイジングするのに金具だけ綺麗すぎたら浮いてしまう。

エイジングする金具が真鍮なのだ。

IMG_5408.jpg

スイスはアミエット社のキーリング
IMG_5412.jpg

イタリアはプリム社のホック  このホック、はめるときの音が日本のものとは違う。

IMG_5411.jpg

IMG_5410.jpg

下部には2つの真鍮リングがついている。

IMG_5409.jpg

一つはキーを取り付けるもの。

もう一つは、この工房で作ってもらったショルダーバッグの内部フックに掛けるためのもの。

IMG_5406.jpg

j実際にキーを取り付けると

IMG_5417.jpg

この画像にある、デブなスマートキー(笑)を真鍮リングに取り付けるつもりだった。

が、内部に取り付けても全然大丈夫。ちゃんと収まるのだ。

IMG_5419.jpg

今後、鍵が増えてきたら、外のリングに取り付けるとしよう。

デブなスマートキーが収まるように、このキーケースは大きめに作ってある。

以前自作したキーケース(総手縫いだが、比べると酷いね、恥ずかしい)と比較するとその大きさがよくわかる。

IMG_5415.jpg

でもちゃんと手の中には収まる大きさ。

IMG_5414.jpg

私にとっては非常に使い勝手が良いキーケースの誕生。

でも、市販品では絶対に手に入れることができない。



自分の望むものを職人と話しながら具現化していく。

これこそがオーダーの醍醐味。

さらに今後のエイジングが楽しみときている。

これで1万円とは、非常に良心的ではないか。

IMG_5416.jpg

素晴らしい品を生み出してくれた職人の萩原さんに感謝。

自分の狭い見識ではあるが、この工房はおすすめ。

地方、しかも日本の端っこにも素晴らしい職人さんがいるのだ。

興味のある人は是非、「Bush clover」を覗いてみてください。

【 Bush clover 】 https://bush-clover.com/


スポンサーサイト



 革小物

0 Comments

Leave a comment