fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

「セントラル靴」と「テイメン」と「studio.CBR」

靴を購入した。

東京は代官山の「studio.CBR」という店から購入。

IMG_5555.jpg

このご時世だから東京へ行ったわけではなく、ネットで購入。

最初は「studio.CBR」がヤフオクに出品していたのを見つけて興味を持ったが、送料が安いショップの方で買おうと・・・・。

IMG_5556.jpg

この靴、浅草のセントラル靴が製造したとのこと。

セントラル靴は靴好きの間では非常に有名なファクトリーだが、基本的には裏方で、一部の例外を除いて、自身のブランドはあまり展開していない。

その一部とは・・・・

○ 一般にはあまり知られていない頃は、「千虎流」(ちょっとダサい)という名前で個人注文を受け付けていたことがある。
○ 雑誌などで有名になってからも、直接ファクトリーで注文もできた(今は知らない)。
○  最近は、WFGでオリジナルブランド「セントラル」を展開した(今も?)。

トレーディングポスト、三陽山長、RENDO、ブロセント、KOKON・・・・・多くのショップオリジナル、ブランドを手掛ける偉大なる黒衣ファクトリーである。

で、この靴はどこのかというと

IMG_5574.jpg

IMG_5575.jpg

「テイジンメンズショップ」のオリジナルシューズである。


「テイジンメンズショップ」(テイメン)とは

銀座店

1960年に銀座にオープンして以来、日本のトラッドファッションを牽引してきたセレクトショップ。

私も東京に行くたびに寄っていた。ココで買ったカジュアルシャツは今でも愛用している。

ところが・・・・なんと今年の3月に閉店していた!

60余年の歴史に終止符を打ったのだ。全国各地のテイメンも全て閉じられた。

知らなかった。

ならば、この靴はテイメンが残した形見のようなものだ。

購入した靴に何かしらの意味や意義、理由を求めるのは私の悪い(ずるい)癖だが、そういう感情もモノを所有するうえでは大切な要素だと思う。

IMG_5558.jpg



この靴をネットで買うにあたって、一番の悩みの種はサイズ感。

既に持っている靴のブランドなら、ある程度のサイズ感は予想できる。

もちろん同じブランドでも木型によってサイズ感は違ってくるが、木型の特徴を分かっていれば何とかなる場合が多い。

自分でいうのもなんだが、経験がモノを言う。

家族に白い目で見られながらも、無駄に多くの靴を手にしてきた経験(笑)。

オークションなどで、出品された靴のサイズ感が今ひとつわからなくても、出品者(業者を除く)のその他の靴のブランドとサイズを見れば、だいたい見当がつく。


だが、セントラル靴はブランドごとに多種多様な木型を取り扱っていて、悪く言えばサイズ感に統一感がない。

「studio.CBR」は業者だから、多種多様なサイズの靴を取り扱っている。

サイズごとに分類してくれてはいるが、それだけではわからない。

そういう場合は必殺「質問メール」である。

自分が主に履いている靴のブランドとサイズを明記して、聞いてみた。


当然メールで返信が来ると思っていたら、なんと直接電話がかかってきた。

何と親切なことだろう。

過去に2度ほど実店舗を訪問して、実際に靴を購入したことがあるとはいえ、電話でサイズ感を具体的に教えてくれた。

面白いのは、この靴とサイズが近い複数の靴に、シューツリーを入れてそのフィット感で応えてくれるところ。

なるほど、これは参考になった。

しかも過去に購入した私の靴(と私のことも)も覚えていてくれた。


こちらの細かいかつしつこい(笑)質問にもきちんと答えてくれた上に、押し付けるような売り方はしない。

さんざん質問した挙句「もう一度検討してみます」という私の言葉にも、「よろしくお願いします」という自然な受け答え。

ここまでやってもらうと、買う側のストレスもなく、ある程度安心して購入できる。

多少は不安があっても、たぶん大丈夫という気になる。

果たして、届いたこの靴はサイズがばっちりだった。

ネット販売でも実店舗のような対応。

コロナ禍の今、こんな店が良い店だよなあと思う。


IMG_5557.jpg


さて、今は亡きテイメンのオリジナルシューズ、詳細は次回。



スポンサーサイト



 靴について

2 Comments

なおけんた  

Re: テイジンメンズショップ

musselwhite さん

> こんにちは。
> テイジンメンズショップ 懐かしい名前が出て来ましたね。
> 就職した昭和48年から札幌撤退(平成の時期不明)まで、いろいろ勉強させて頂きましたし、多額の給料を注ぎ込みました(笑)
> 初代シェットランドフォックスやアイボンハウスもテイメンで買いました。
> ラルフ・ローレンもここが始まりでした。
> でも、このブランドの靴は知りませんでした。

私もいわゆるセレクトショップに行きはじめたのは就職してからで、もっぱら地元のショップでした。
テイメンなどの都会のショップはさらにその数年後ですので、musselwhiteさんの足元にも及びませんが、地方であれ都会であれ、その地域に人々が知らないブランドを紹介する使命感のようなものがあったと思ってます。そこに行けば新しいものに出会えるという期待感がセレクトショップの良さだったと。
テイメンもその役目を十分に果てしていたんですね。
でも今はネット社会で消費者がたくさんの新しい情報を既に持っていて、セレクトショップの役目の一つがなくなってきたのでしょうね。ファストファッションの台頭も重なり、私の地元では古き良きセレクトショップは消えて行きました。この波は地方から東京へと逆流したのではないでしょうか?生き残りのために、各ショップは安いオリジナルに走り、新しいブランドのセレクトをやめています。テイメンもその波に飲まれていったような気がします。トラッドはもう死にかけているんでしょうね。
この靴は、デッドストック と呼ぶには新しすぎるので、テイメンでも比較的後期に出されたオリジナルシューズだと思います。私には銀座のテイメンでオリジナルシューズを見た記憶はほとんどありません。
次回紹介しますが、きちんと作られた良い靴です。

2021/08/28 (Sat) 09:35 | REPLY |   

musselwhite  

テイジンメンズショップ

こんにちは。
テイジンメンズショップ 懐かしい名前が出て来ましたね。
就職した昭和48年から札幌撤退(平成の時期不明)まで、いろいろ勉強させて頂きましたし、多額の給料を注ぎ込みました(笑)
初代シェットランドフォックスやアイボンハウスもテイメンで買いました。
ラルフ・ローレンもここが始まりでした。

でも、このブランドの靴は知りませんでした。

2021/08/28 (Sat) 08:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment