fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

グーワタナベ詳細そしてもう一つのおまけ


9_IMG_6281.jpg

中古で手に入れた「グーワタナベ」のブリーフケース

中古ではあるけれども、もう手に入らない(しかも欲しかった)バッグということで、私にとっては価値がある。

0_IMG_6294.jpg

帆布に色あせがあるとはいえ、基本的にはダメージも大きな型崩れもない。

中古のバッグで最もダメージが見られるのは、ハンドル(取っ手)である。

バッグで最も人の手が触れる部分であり、負荷がかかる部分。

当然、汚れや黒ずみ、痛みが出やすい。

ではこのバッグは・・・・

6_IMG_6288.jpg


ヌメ革に近いライトブラウンの取っ手は、黒ずみも型崩れも破れもない。
ほぼダメージ無し。

同様に、四隅の補強革やパイピングもけっこう綺麗。
1_IMG_6293.jpg

傘ホルダーもきれい

7_IMG_6282.jpg


使用頻度は非常に少ないとみた。

それなのに帆布が色あせているのは、紫外線の当たるところに長期間置いていたからではないだろうか。


内部は・・・・・

5_IMG_6289.jpg

実用本位の作り。

4_IMG_6290.jpg

3_IMG_6291.jpg

ライニングがなく、表の縫いや樹脂製の枠が丸見え。
ライニングがなければどのようなメリットがあるのか。

○ 作業の手間が省ける⇒価格を抑えることができる。
○ 修理の際の手間が省ける⇒修理の時間と費用を抑えることができる。
○ バッグの構造がよく分かる⇒補強の状態など手抜きができない。

分厚く丈夫な帆布を使っているからこそだと思う。

ライニングがないからといって手抜きとは思わない。

なぜなら、ライニングは手抜きを隠すために使われることもあるからだ。

あえてバッグの構造をさらけ出し、作りの確かさを見せることで、使う側に安心感を与えてくれる。

この潔さがよい。

ただ一つ欠けているのはショルダーストラップ。

特に必要な物ではない。必要であれば、自分で揃えればよい。


スーツではなく、ジャケパンスタイルに似合うバッグである。

ドレスコードがそれほど厳しくない私の職場では使い勝手がよい。

実は、このバッグ、3,000円で手に入れたのだ。しかも送料込み。

よい買い物をしたと思っている。

だが、このバッグの購入にはもう一つおまけがついていたのである。

おまけの正体は次回・・・・。

2021101621284469b.jpeg
スポンサーサイト



 鞄 バッグ

0 Comments

Leave a comment