fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

デッドストック チェコ軍 M-85 フィールドコート


鹿児島のお気に入りの店「HARBOUR」が鹿児島市から姶良市へ移転する。

現店舗最後の営業となる日に寄ってみた。

2017080120323022f.jpg

狭い店舗内には所狭しと服や靴、雑貨が置いてある。

店主と互いに新年の挨拶をしたのち、色々と話をしていたが、この店には自分の好みに合った商品が多い。

バブアーや軍モノ、ビンテージシューズ、オリジナルの服など、サイズが合えば(それとお金があれば)買いたいものばかり。

で、気になったのが軍モノのフィールドコート

ショップオリジナルだと思いきや、デッドストックの本物だと。

値段を聞いたら意外に安い。マイサイズもある。

しかもこの日はセールで、割引率はくじ引きで決まる(買う人のみくじが引ける・面白い)。

購買意欲が一気に増す(笑)。

くじを引いたら、なんと30%off!2番目に高い割引率。今年は幸先良いぞ。


そのデッドストックがこれ。

0-IMG-7741.jpg

チェコ軍のM-85 フィールドコート

本来は3wayで、取り外し可能なボアの襟とライナーがあるが、襟のボアは嫌いなのでなくてもよい。

防寒にはライナーが必要だが、身幅があるので下に着込めばよい。

1-IMG-7742.jpg


非常にシンプルなデザイン。デザインというよりは余計なモノを付けないといった方がよいが、それが良い。

ポケットは胸に2つとサイドに2つ。

脇下には控えめなベンチレーション(ボタンホールみたいなヤツ)。

4-IMG-7756.jpg


裏にはチェコの軍需品である証のクロスソードと数字の「87」

2-IMG-7744.jpg

「87」は1987年製ということで、30年以上前のモノ。

まだチェコスロバキア(1992年にチェコとスロバキアに分かれた)と呼ばれていた時代のモノである。

で、このコートにはタグがついている。

3-IMG-7745.jpg
4-IMG-7746.jpg
5-IMG-7747.jpg

タグには「OZ KPT. NALEPKU PRESOV」とある。

何のことやらよくわからないが、「NALEPKU PRESOV」というのは製造している会社のようである。

スロバキアでも非常に大きな衣料品製造メーカーらしい。

チェコ=スロバキアということで、チェコではなくスロバキアのメーカーが製造していたのだな。

スロバキアと分離した今のチェコでも「NALEPKU PRESOV」が提供しているのだろうか?


フードはボタンで着脱可能

7-IMG-7759.jpg
8-IMG-7760.jpg

取り外したら上の列にもボタンが。

9-IMG-7761.jpg

このボタンはボア襟を装着するためのもの。

内部にはボアのライナーを取り付けるボタン穴もついているが、持っていないから今の私には必要ない。

すべてボタンというところがクラシック。

今どきの仕様ならベルクロかファスナーだよな。でもそうじゃないのが良い。



さて、このコート、店主によると、洗濯で縮むそうな。

身幅にも結構余裕があり、袖の長さがかなり長いので、いっそ縮んでくれた方が良い。

「5%は縮む」とのことなので、実際にどれくらい縮むのか、一丁試してみようかなと思っている。

縮ませる前に寸法を測っておこう。


【袖丈】

7-IMG-7749.jpg
8-IMG-7750.jpg

脇下~袖口:56cm

9-IMG-7751.jpg
0-IMG-7752.jpg

肩~袖口:66cm


【身幅】

1-IMG-7753.jpg
2-IMG-7754.jpg

脇下~脇下:63.5cm


【着丈】

5-IMG-7758.jpg
6-IMG-7757.jpg

首の後ろ~裾:92.5cm


大雑把な採寸だが、これがどのくらい縮むのか。

自然乾燥にするか、乾燥機にするか、ちょっと迷うところではある。

0-IMG-7811.jpg



最後に、この「HARBOUR」の店主は、靴工房「CITTA」の店主である。

17-12.jpg

今回の姶良市への移転に伴い、「HARBOUR」と「CITTA」を統合することとなる。

2月に自宅兼・店舗兼・工房「CITTA & HARBOUR」として生まれ変わる。

現在の店舗・工房より私のアパートに近くなるので大歓迎。

そろそろ靴教室に参加しようかな

などと良からぬ計画を立てているのである。
スポンサーサイト



 靴について

0 Comments

Leave a comment