fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

厚底

私は膝が悪い。

 朝起きたら膝が痛いということがある。特に心当たりがないのにだ。 

そんなことが何度もある。

 膝を曲げるたびに骨が鳴る(外には聞こえないが体の中で鳴る)ことも多い。

2週間に1度ヒアルロン酸を両膝に打っていた。

 私は足がしびれる。

10数年前に、腰のヘルニアによる足の痺れ(神経)で20秒も立っていられなくなったことがある。

手術をして痺れから解放されたが、10年以上経って、左足の膝から下が少し痺れるようになった。

20分くらい連続で立っている(または歩いている)と痛だるくなってきて辛い。

いったん座ると楽になる。

たぶんヘルニアの時と同じでどこかで神経が刺激されているのだ。



「歩きなさい」「体重を減らしなさい」「運動しなさい」「食べすぎはダメ」などといつも言われてきたが、もうお経にしか聞こえない(笑)。

わかっているんだけど、歩きすぎても膝が痛くなるし、時間はないし、疲れてるし・・・(だんだん言い訳臭くなってきた)



だがこのままではだめだ。

たとえウォーキングはしなくても(しろよ!)、痩せなくても(痩せろよ)日常生活から膝の負担を軽減できれば、ずいぶんと違うのではないか?

もちろん、歩く時も膝の負担が減らせるようにすればいいのだ。

そのために必要な道具は靴だ。履物だ。

新しい視点に基づいて新たな靴が必要になってきた(出た‼️靴を買うときの言い訳)

そして非常に気になってきたのがこのブランド

20220702100909928.jpeg

HOKA ONE ONE(ホカオネオネ)

恥ずかしながら、初めてこのブランド名を見たとき、「ホカワンワン」と読んでしまった。

ブランド名は、ニュージーランドのマオリ族の言葉が由来で、“It is time to fly(さぁ、飛ぼう)”を意味する。

超厚底で、クッション性が素晴らしく、「マシュマロのようだ」と形容されるらしい。

ホカオネでも有名なのは「クリフトン」や「ボンダイ」などのランニングシューズ。

だが今は夏ということもあり、買ったのはこちら。

202207021009140db.jpeg

「HOPARA(ホパラ)」

20220702100910999.jpeg

アウトドアサンダルである。

20220702100915c1d.jpeg

超厚底サンダル

20220702100919d44.jpeg

シューズではなくサンダルを選んだのには理由がある。

私は職場では靴を履き替える。革靴を履いているのは通勤と出張のときだけ。

ということは、仕事の時に履く履物が、最も長い時間履いている靴なのだ。

暑い夏は、通気性のあるサンダルタイプで、靴のように踵をホールドしてくれて、しかも抜群のクッション性で膝を守ってくれる履き物を選ぶのは必然ではないか(言い訳くさいな)。

そしてカッコいいし

価格も安いし(定価は高いがセールだった)。


履いてみた。

20220702100924bc1.jpeg

‼️


マシュマロだ

床や地面の硬さを感じない。

丈夫な低反発素材の上に乗っかっているかのよう。

履き心地のイメージはニューバランスMR2002を厚底にした感じ。

20220702110131279.jpeg

フワッとしているのだ。

インソールとミッドソールのおかげだが、ニューバランスと違って、素材はウレタンではなくEVA。

加水分解しにくいのが嬉しい。

202207021009182f2.jpeg

20220702100921886.jpeg

軽量化のためだろうが、アウトソール(黒)がソール全面に貼られていないので、ミッドソールが剥き出している範囲が広い。耐久性はどうなんだろう?

アウトドアを想定しているから大丈夫かな?


アッパーを足にフィットさせるには、この部分のみを使えば良い。

202207021009265fe.jpeg


この部分の紐を緩めて

20220702100927e1e.jpeg


このプルタブを握って(便利)足をつま先まで突っ込む

20220702100930c71.jpeg


踵の素材が割と硬めで柔軟性が足りないので、履く際に一旦踏み潰すのを躊躇してしまう。
だから、この踵のプルタブは重要で、履くときには必ず握る。

20220702100932d1b.jpeg


そして紐を締める。

2022070210092966d.jpeg

靴は甲をフィットさせることで脱げにくくするわけで、必要最小限の動きでピタリとフィットするのは嬉しい。

この夏、コイツが活躍してくれるのは間違いない。

ひょっとすると1年中かもしれない。

20220702100912047.jpeg

スポンサーサイト



 靴について

0 Comments

Leave a comment