fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

FREEMAN デッドストック




アメリカからオークションで靴を手に入れた。
アメリカの老舗靴メーカー「FREEMAN」のウイングチップ。「FREE-FLEX」シリーズ。ソールが柔らかく、とても歩きやすいそうである。

おそらく、70年代のデッドストックだと思う(間違っていたら教えてください)。根拠は、アメリカのオークションで、同じロゴ文字(FREEMANは年代によってロゴ文字が違う)、同じソールの中古の「FREE-FLEX」の靴が70年代と断定(もちろん出品者が)されているから。確信は持てませんが…。

書き出しの文章で「歩きやすいそうである」と書いたのは、履いていないから。いや、履けないから。サイズ9.5Dで大丈夫と思ったら、甲がきつくて履けません。せっかくのデッドストックなのに。しかも状態が非常にいいのに・・・・。残念。

アッパーもソールも非常にきれい。グッドイヤーウエルト製法で作られているようだが、ソールには出し縫いの糸が出ていない。
ヒドゥンチャネルか?と思ったが、どうやら違う模様。ヒドゥンチャネルなら、ソール面かコバに革を起こした跡が見られるが、これにはない。コバを見ると、ゴム製のようなミッドソールが挟み込んである。おそらく、ミッドソールに出し縫いをかけて、レザーソールを張り付けているのではないだろうか。

オークションや古着の店のHPでも、これだけ状態のいいFREEMANは個人的には見たことがない。でも履けないから飾っておくわけにもいかないし…。オークションで履いてくれる人に譲ることにしました。

スポンサーサイト



 靴について

0 Comments

Leave a comment