fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

ラルフローレンのスエードブーツの正体

20240114112721527.jpeg

この靴をインスタで紹介したら、コメントで「パープルレーベル」のものであるという情報をいただいた。
しかもカタログ上では、1000ドル前後の価格であったとのこと。
そんな高級モデルだったのか!
中古とはいえ、2万で買ったんだけど。
ユーズド加工に手間賃がかかっているのだろう。
 
2024011411271812c.jpeg

さてこの靴、ウエルトシューズである。
ウエルトにもソールにも出し縫いがみられる。

20240114112708389.jpeg

2024011411271191a.jpeg

しかし、違和感がある。
ソールの出し縫いのラインがウエルトの出し縫いラインよりけっこう内側を走っているのだ。

2024011411271103e.jpeg
(ペン先の箇所がステッチのライン)

そこで、ウエルトの出し縫いのステッチの数とソールの出し縫いのステッチの数をそれぞれ数えてみた。
すると、ウエルトのステッチのほうが1.5倍くらい多いことが分かった。

この事実が意味するのは
「ウエルトのステッチ(上のステッチ)とソールのステッチ(下のステッチ)はつながっていない」ということである。

そして決定的な事実

20240107184215280.jpeg

中底を走るステッチ‼️
そう、これこそマッケイ製法の証。

ただし、マッケイでも、コバの張り出したミッドソールとアウトソールを縫い合わせたブラックラピド製法があるが、この靴はそれでもない。上と下のステッチがつながっていないのだから。
 
すなわち、このウエルトは「イミテーション」なのである。
なかなか立派なスプリットウエルトだが、最初から飾りのステッチが入ったウエルトを糊付けしているだけ。
デザインとしてのウエルト。
実は、同じ意匠の靴を私は他にも持っている。

これだ。

20240114114101f57.jpeg

2024011411410482a.jpeg

20240114114104735.jpeg

この靴(CORVARI /コルヴァリ)もマッケイ製法でウエルトはイミテーション。
イタリア製である。
偶然ではないのかも。
安い靴ならこういうのは日本製でもあるが、高級靴ではまず見られない。
イタリア製の靴はこんな意匠が一定数あるのかもしれない。
デザイン重視というところか。

202401141127208ca.jpeg
202401141127184e9.jpeg

だからといってこの靴がだめだというわけではない。
たしかにこの靴からウエルトを取り除くと、雰囲気がイマイチになる。
デザイン上、必要なものだったのだ。
デザイナーが発注した靴だからね。

2024011411271490f.jpeg

製法だけで靴の良し悪しは単純には決められないのだ。
以前はグッドイヤー=手間のかかる高級靴、マッケイ=手を抜いた高級靴
というようなニュアンスの見方が確かにあった。
これはマスコミが悪い。
当時のファッション雑誌がそんな見方に偏っていたし、私もそれに踊らされていたことがある。
今はグッドイヤー、マッケイそれぞれメリット・デメリットが公平に語られるようになった。
正しい認識がされる時代になった。

この靴は、マッケイによって屈曲性の良い靴になっているから、柔らかいアッパーと良い組み合わせだといえる。

20240114112723666.jpeg

お国柄もあるかもしれない。
この靴を英国で作っていたらグッドイヤーになっていただろう。

ただ、靴の製法を知っておくのは大事なことだ。
なぜなら、製法によって経年変化やリペアのあり方が違ってくるからだ。

マッケイはグッドイヤーに比べて中底の沈み込みが少なく、経年によるサイズ感の変化が少ない。
グッドイヤーは製法上、アウトソールと中底の間を埋める中モノがある分沈み込みが大きく、経年によってサイズ感緩くなる。
マッケイはオールソールの際の靴への負担がグッドイヤーより大きいので、オールソールよりもハーフソールなどのこまめなリペアで対応した方が良い。

このようなことは理解しておいて無駄ではないと思う。

靴の製法とは、靴の品質の良し悪しより、そういう捉え方をする基準だと考えている。

202401141127162e9.jpeg
スポンサーサイト



 靴について

2 Comments

なおけんた  

Re: なるほど…

musselwhite さん

> 勉強になりました。
> 御説の正しさの証に、私のは購入後かなりの年数が経って居ますが、最近爪先が笑い出して来ました。
> 張替が必要になって来た様ですね(笑)

私のこのブーツ、マッケイで出し縫い糸がアウトソールから見えているので、ハーフソールを貼りたいところですが、ビブラムソールは凹凸があるので貼れません。実はこのタイプがリペアに関しては一番不経済なんですねえ。オールソール一択です(笑)。
作る段階でミッドソールにマッケイ縫いをかけて、凹凸のあるアウトソールを貼り付けておいてくれたら良かったんですがねえ。
ラルフローレンさんはリペアのことまでは考えてくれないんでしょうね。

2024/01/14 (Sun) 14:17 | REPLY |   

musselwhite  

なるほど…

勉強になりました。

御説の正しさの証に、私のは購入後かなりの年数が経って居ますが、最近爪先が笑い出して来ました。
張替が必要になって来た様ですね(笑)

2024/01/14 (Sun) 12:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment