fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

REGAIN(リゲイン)

もちろん栄養ドリンクではない。

イタリアの靴ブランドである。

20240329200914c8c.jpeg

15年ほど前にこのブランドの靴をトレーディングポストのセールで買ったことがある。

マッケイ製法のパンチドキャップトゥでとてもいい靴だった(今はもう手元にない)。

REGIN.jpeg

穴飾りが小さくてカッコいい。
サイズ8で丁度よかった。表記サイズより大きいつくり。

この時のセールは、トレポスがリゲインの取り扱いをやめるということで、定価より2万も安かった。当時で定価5万以上したんじゃないかな?

今回、メルカリで見つけた個体(中古)はコレ

20240329200924bc5.jpeg

Uモカのシングルモンクストラップ

20240329200922a41.jpeg

202403292009253cc.jpeg

アッパーの縫いはハンドソーン。

20240329200918300.jpeg

トゥの縫い合わせはスキンステッチ
モカ縫いはライトアングルステッチ

丁寧かつ美しい仕上がり。

2024032920091525a.jpeg

インソールにはマッケイ縫いのステッチ。やはりこのブランドはマッケイが得意なのだ。

しかし

2024032920090739f.jpeg

20240329200920022.jpeg

レザーソールとウエルトには出し縫いステッチがある。

イタリア靴は高級な靴でもデザインだけグッドイヤー風のインチキ(笑)なやつがある。

だがこの靴はそんなイミテーションステッチではない。

本物のステッチである。

ココから導き出される答えは「ブラックラピド製法」である。

マッケイ縫いでアッパーと縫い合わされたミッドソールに更にアウトソールを貼り、出し縫いをかける。

出し縫いがかけられた部分はウエルトではなくミッドソールのエッジ。

見た目はグッドイヤーウエルト製法だ。

202403292009081be.jpeg

オールソールの際に、マッケイ縫いをほどいて縫いをかける必要がないので、マッケイ製法よりアッパーへの負担が小さい。

マッケイ靴より丈夫で長持ちなのだ。

20240329200911ceb.jpeg
20240329200910718.jpeg

ネットで購入するのはサイズ選びで失敗する可能性があるのだが、このブランドのサイズは8で大丈夫だとわかっている。

もちろんこの15年でサイズ感や木型が変わっていなければの話だが。

格安だったので思い切って購入したら、サイズはバッチリだった。

革質もよい。

ただ、

20240329200904259.jpeg

靴クリームがかなり厚く塗られているようで、スッピンにするのが大変だった。

しっかりと栄養を補給し、新たに靴クリームで手入れをしてやらなければならない。

2024032920091754d.jpeg

さて、どれくらい変わるか、楽しみだ。





スポンサーサイト



 靴について

0 Comments

Leave a comment