fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

手縫いの財布 続編

本日、財布の修理をお願いしてきた。

仕事を終えて夕方に自宅兼工房を訪ね、財布を見てもらった。

職人「あ~、これはたぶん血筋でしょうね。」
  「革には必ずあるんですよ」
と言いながらストックしている革をいろいろと見せてくれた。

なるほど、革の表面は綺麗だが、裏側を見ると結構小さな傷のようなものがある。

職「この広い革から裏側に血筋のないところだけを選ぶと、財布が僅かしか作れません。血筋のある部分を使うのはいたし方ないんですよ。」

なるほど、こうやって実際の革を見ながら説明を受けるとよくわかる。

職「ただ、この血筋のある部分を財布の上部に使ったのがいけない。札を入れるために上の部分(札の入れ口)は力がかかるので、血筋の部分が裂けてきたのでしょう。この血筋の部分を下の方(底部)に使っていればこういうことにはならなかったでしょうね。」
 「勉強になりました。表の革を全部取り換えます。」

私「糸を抜いて縫い直すんですか。」

職「はい。同じ革がありますので、それと取り替えます。1~2週間ほどかかりますが預からせてもらっていいですか」

私「それはかまいません。で、修理代はいくらになりますか?」

職「私のミスですから、修理代は必要ありません。勉強になりましたし。」
 「私、『売り切り』というのが嫌いなんです。だからネット通販はしません。作って、売って、修理して、責任を持って仕事をしていきたいんです。」

私の方こそ勉強になった・・・。ありがとう。


その後、革製品とは全く関係ない話をいろいろとしたら、意外につながりがあることがわかった。
出身校(小・中)が隣であったこと、
年齢が1つしか違わないこと、
共通の知り合いがいること、
そして何より、私の叔父(中学校教師)から授業を受けていたこと。
話が様々な分野に広がり、盛り上がり、気が付いたら1時間半も居座っていた。

職人さんのポリシーに触れることができてとても充実した1日になった。
人間って、いろいろなところで繋がっているということを実感した。
こういう繋がりを大切にしていきたいと思う。



スポンサーサイト



 革小物

2 Comments

なおけんた  

No title

注文が多すぎて、一人でこなすには時間や健康上の無理が出てきたので店を閉めたそうです。
一切宣伝をせず、HPも作らず、以前の注文客やその口コミで注文を受けているそうです。
今後は余裕が出てきたら、店を開くことも検討しているそうです。

2013/01/08 (Tue) 06:50 | EDIT | REPLY |   

みきお  

職人気質の方達に、最近会う回数が減りました。
そんな方から財布、名刺入とか新調したいですが、ネット通販しないんですね。
ザンネンです。

2013/01/07 (Mon) 23:55 | REPLY |   

Leave a comment