HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

レザーソールとラバーソール

レザーソールとラバーソール。

NL.jpg saion.jpg
カビリア



ALDEN.jpg  パンチャ

「どちらが好きか?」と聞かれれば、
ためらわず「レザーソール!」と答える。

レザーソールのメリットは何か。
よく聞くのは

①「ラバーソールに比べ、通気性がよく蒸れにくい」
②「ラバーソールに比べ、靴底の返りが良い」

デメリットは?
①「滑りやすい」
②「消耗が早く、リペア費用がかかる」
③「雨がしみ込む」

メリットの①②について気になることがある。

まず①~本当に蒸れないのか?

今まで自分が履いてきたレザーソールの靴は確かに蒸れなかった。
しかしそれは通気性のおかげなのか?
その疑問に答えをくれたのがこれ。

netoruton.jpg 

オークションで手に入れたネトルトン。
レザーソールだが、冬なのにものすごく蒸れた。
初めての体験だった。

一方、ラバーソールの靴もあまり蒸れない。
通気性悪いのに。

経験から考えることは大切である。
足が蒸れるのは通気性だけの問題ではない、ということ。
ネトルトンはなぜ蒸れたのか。
この靴と他のレザーソールの靴との違いは、インソール。
インソールがレザーではないのである。

一方、私が持っているラバーソールの靴はみなインソールがレザー。
ウエストンのゴルフや福岡のパンチャ(上右の画像)なんて、全然蒸れません。
足が蒸れる蒸れないは、アウトソールではなく、「インソールが水分を吸収するかしないか」ということに左右されるのではないかと考えている。
もちろん、インソールだけではなく、ライニングも重要であろう。
レザーの「水分を吸収する」というアウトソールとしてのデメリットが、インソールとしてはメリットになるのである。

確かに、レザーソールに出し縫いをかける前に、結構「糊」をべったり付けて靴に貼り付けている画像を見たことがある。
接着剤で通気性なんかなくなってしまうのではないだろうか。

経験から導き出した答え(推測だが)=靴底になったときのレザーソールには通気性はない

次に②~返りが良いのか?

確かにシングルソールは返りが良い。
だが、ダブルソールは?
ラバーソールよりも返りが悪く、つま先がどんどん減っていく。

こうやって考えると、レザーソールのメリットはメリットでもなんでもない。
ラバーソールの方が、機能的に優れているのは明らかである

でも、私はレザーソールが好きだ。
理由は?
革が好きだから。
機能で劣るとしても、歩く時の音や感触が好きなのである。
だからレザーソールにラバーの半張りをするのも少なからず抵抗がある。
最新の車や機械や道具よりも古いものを好む人はたくさんいるではないか。
ハイテクスニーカーを好む人もいればローテクを愛する人もいる。
登山が好きな人(私から見れば異星人)は山が好きだから登るのだ。

私にとってのレザーソールの最大のメリットは、
「レザーソールを履いているという気分にしてくれる」ところである。
ただし、ラバーソールの機能性も素晴らしいと思っている。
自分にとってのラバーソールの最大のメリットは、
「雨の日にレザーソールの代わりに出動し、レザーソールを守ってくれる」ところである。
スポンサーサイト

 靴について

4 Comments

なおけんた  

Re: No title

つるつるの床は確かにすべるのが怖いですね。私はエスカレーターの終わりと始まりの床(金属が貼ってありますね)で豪快に滑って転んだことがあります。
腰のほうもお気持ちは十分わかります。
私も年に1度の東京参りのときは、レザーソールは履きません。1年で一番歩きますので、膝と腰にかなりきますからね。
助けてくれるのはニューバランスのスニーカーです。
スニーカー履いて革靴を買いに行くなんてご法度かもしれませんが、体の方が大切です。
私も、抵抗がありながらもレザーにラバー貼りをしています。

> 私もレザーソールの方が好きです。
>
> 残念ながらここ1~2年は、歩きやすいかどうかより腰が痛いかどうかしか考えておりませんが。
> 私の場合は、長時間歩くよりも立ち姿勢が続くと腰にくるようです。
> リッジウェイなどごついソールの方だと快適のようで…。
> 都心の舗装されている道路といっても、デコボコしている場所は多くレザーソールだとダイレクトに衝撃が伝わる(腰に)ような気がしております。
>
> また小雨が降るとレザーソールの場合、駅のホームや直結しているビルなどは滑ってまったく歩けないんです。
> "ギクッ"とやってしまいそうですし。
>
> ソールの返りが悪くなりそうですし嫌なのですが、
> 今後、新しい靴でもラバーを半張りしてしまおうかと検討しております。

2013/02/04 (Mon) 13:54 | REPLY |   

じーふー  

No title

私もレザーソールの方が好きです。

残念ながらここ1~2年は、歩きやすいかどうかより腰が痛いかどうかしか考えておりませんが。
私の場合は、長時間歩くよりも立ち姿勢が続くと腰にくるようです。
リッジウェイなどごついソールの方だと快適のようで…。
都心の舗装されている道路といっても、デコボコしている場所は多くレザーソールだとダイレクトに衝撃が伝わる(腰に)ような気がしております。

また小雨が降るとレザーソールの場合、駅のホームや直結しているビルなどは滑ってまったく歩けないんです。
"ギクッ"とやってしまいそうですし。

ソールの返りが悪くなりそうですし嫌なのですが、
今後、新しい靴でもラバーを半張りしてしまおうかと検討しております。

2013/02/04 (Mon) 11:13 | REPLY |   

なおけんた  

No title

いやぁ、羊ぬけさん、お久しぶりです。

言われてみればなるほど、確かに歩きやすさはレザーソールの方に分がありますね。
ラバーは反発力を感じてしまいますね。
レザーソール好きな私としては心強い理論(しかも経験に基づいた)に勇気づけられています。
これからもよろしくお願いします。

2013/01/31 (Thu) 06:40 | EDIT | REPLY |   

羊ぬけ  

レザーソールが好きです。

いつも興味深く(頷きながら)読ませていただいております。
私もレザーソール信奉者ですので、久しぶりに今回コメントさせていただきます。

すでになおさんが挙げられている①、②の他に私がレザーソールのメリットと思っているのは、次の2点です。
③自分の足の形、歩行の癖に馴染んでくる
④適度に「滑る」

まず、③について。履き込んでいくうちに足形に合わせてインソールや中物が沈むのはもちろんですが、ソールも力が掛かる部分は若干(上から見て)凹みますよね。それから、いつも屈曲する部分は柔軟になり曲がりやすくなります。このためラバーソールに比べ、より足に沿うかたちで歩行をサポートしてくれる感じがします。
④は、ほとんどロイドの店員さんから伺った話の受け売りですが、どういうことかというと、歩行時に接地する際、足は惰性で前方向へ行こうとするが、ラバーソールだとグリップが効き過ぎて靴に急ブレーキが掛かる感じになるため靴の内部で摩擦が生じる。他方、レザーソールは多少滑ることでブレーキが緩やかになり摩擦を緩和する、ということです(ただし、ここでいうラバーは、ダイナイト、リッジウェイなどのグリップ力を特徴とするタイプであり、廉価な靴にあるような表面のつるっとした硬質のタイプにはあてはまらないかもしれません。)。

これらのことを考えると、一長一短ではありますが、歩きやすさという観点からするとどうも、レザーソールの方に分があるように思われます。

ともあれ、私も理屈抜きで単純にレザーソールが好きです。
高校生の頃まではリーガルの一番安いラインを買うのが精々で、地元の靴店でリーガルの上級ラインやジョンストン&マーフィーなどを見て、「いつかは」と憧れていました。その頃からレザーソール=上等という感覚なんでしょうね。雨の日を考えるとラバーソールの買い足しをすべきとわかっていても、ついレザーソールを選んでしまいます。

長々と失礼しました。

2013/01/30 (Wed) 21:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment