HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

おでかけ~自然は素晴らしい

今日は久々に家族でおでかけ。

2時間ほどかけて県最南端の岬までドライブ。

ここは、日本古来の野生馬が生息する岬。

馬キス 馬と車
馬道路横断 馬4頭


柵もなく、ガードレールもなく、馬は悠々と草を食んでいる。
最低限の保護はするが、それ以外は何もせず、自然に任せている。
馬は代々粗食に耐え、風雨に耐え、自らの力だけで生きてきたので、逞しく悠然としている。
普通に道路を横断するし、車が来ても避けない。
車の方が馬が動くのをじっと待っている。
人が近寄っても逃げない。と言うよりも全く気にしていない。
人間よりもずっと偉く賢い動物に見える。

岬には灯台がある。
灯台へ 灯台ダッシュ
子どもたちはダッシュで登ったが、私はもちろんゆっくりと…。
今日の靴は1000マイルブーツ。
灯台中 灯台の外で靴

まさに県最南端。
灯台からの眺めは最高。
水平線が長く、緩やかな弧を描いていた。
あいにくの曇り空ではあったが、気持ちのよい景色だった(少し足がすくんだけれどね)。
灯台からの眺め 灯台からの眺め2

岬の馬といい、灯台から見える景色といい、ここだけ時間がゆっくりと流れている錯覚を覚えた。
いつも時間に追われ、忙しい毎日を送っている自分がとても小さな存在に思えた。
自然はやっぱりすごい。
人間ごときが到底太刀打ちできる相手ではない。

車にのり帰路について5分もしないうちに猿の親子(たぶん)に出会った。
猿前向き 猿アップ

子どもたちは馬よりも猿に出会ったことの方が嬉しかったみたい。
道路を横断していた猿は、私たちの車が止まると、逃げずにじっとこちらを見ていた。
こちらも猿をじっと見ていた。
しばらくお互いに見つめ合っていた。
たぶん、むこうさんは餌を期待しているんだろうな。
馬に比べるとずいぶん功利的でせこい。
やはり猿は人間に近いんだなと再認識。
自分を見ているようで、笑ってしまった。

子どもたちのためのドライブだったが、結構自分のためにもなった日だった。

スポンサーサイト

 家族

4 Comments

なおけんた  

Re: No title

昔は賑やかな観光地でホテルも複数あったのですが、今はホテルもなくなり(廃墟と化しています)、土産物屋も減り、観光客もまばらでとてもさびれています。
でもその方が馬にとっては幸せなのかもしれません。
穏やかに生きていけると思います。

実は私も「小さい馬だが、この尻からコードバンが採れるのか?」などと、不謹慎なことを考えてしまいました。

> 素晴らしい場所があるものですね。
> 【柵がない!】というところが・・・。
> この解放感は、子供ならずとも大人も楽しめるでしょうね。
> 馬と共に自然と一体化できそうです。
>
>
> 馬は繊細ですが、
> 穏やかで高貴な雰囲気があるので好きな動物です。
> お尻の皮ををマジマジと見てしまうでしょうけれど(笑)

2013/03/25 (Mon) 20:44 | REPLY |   

じーふー  

No title

素晴らしい場所があるものですね。
【柵がない!】というところが・・・。
この解放感は、子供ならずとも大人も楽しめるでしょうね。
馬と共に自然と一体化できそうです。


馬は繊細ですが、
穏やかで高貴な雰囲気があるので好きな動物です。
お尻の皮ををマジマジと見てしまうでしょうけれど(笑)

2013/03/25 (Mon) 20:03 | REPLY |   

なおけんた  

No title

家族サービスのつもりでしたが、一番満足していたのは私だったような・・・。

imai hiroki !
パティーヌする靴ですよね。
以前東京に行ったとき、ジャケットを作った神田の「ヨシムラ」という注文服店が、取り扱っていた記憶があります。ここはエトスクラブも取り扱っていました。
マッケイの柔らかさと軽さは歳をとるとどんどん好きになりますね(笑)。

2013/03/24 (Sun) 22:06 | EDIT | REPLY |   

みきお  

2時間もかけて行くことは素晴らしいですね。
家族サービスはさぼっちゃいけないって反省しました。

先日、imai hiroki の靴を手に入れました。革質があまり気に入りませんが、マッケイははき心地が大変いいですね。これ履くと、グッドイヤー履けないです。

2013/03/24 (Sun) 20:19 | REPLY |   

Leave a comment