fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

久し振りの釣り

暖かくなってきたので、久しぶりに長男、二男とともに釣りに行った。
場所は毎度おなじみ、県南の港。

朝5:00起床
 6:00出発
 7:10到着  というハード(私には)スケジュール

7時過ぎに満潮を迎える。
満潮⇒干潮の潮の動きのなかで魚は釣れる!
・・・・はずだったが、全然釣れない。
あたりもまったくない。
場所を変えても全く駄目。
我々より遠くから我々よりも早くやって来て釣っている超ベテラン(車の中は釣り道具でいっぱい)の方も全く駄目。

目の前に広がるのは、青い空、青い海、そして大量の「クラゲ」。

油津1 油津2
油津くらげ

クラゲには申し訳ないが、気持ち悪いくらい多い!
「お前たちが釣りの邪魔しているんじゃないのか!」と叫びたいくらいだった。
ベテランの釣り人も同じ気持ちだったようで、網でクラゲをすくっては岸に捨てていた。

時間は刻々と過ぎるが、釣果はなし。
そして潮の止まる干潮の時間は刻々と近づく・・・・。
いかん、このままで終わりたくない。

すると、干潮直前、長男がアジをGET!
二男もアジをGET!
その後もアジとキビナゴみたいなやつを数匹。
私は釣れない。
悔しいのでキビナゴみたいなやつを狙って(群れが見えるくらい浅い所に居る!)釣り針を浅目に入れたら1尾だけGET!
大人げないやり方だが、0よりはマシである。
しかし長男のきつい一言
「何だか、野球で送りバントするみたいで情けない」
うるさい。送りバンドも重要な作戦なんだよ!

それにしても常識的には釣れるとは思えない時間に釣れたのが驚き。
やはり生き物だからね。
マニュアル通りにはいかないのだ。機械ではないのだ。
マニュアル通りにはいかないからこそ面白い。

たのしい1日でした。
魚は今日の夕食で我々の胃袋に収まることになった。

魚

ちなみに娘は、嫁さんと一緒に我が県最大の本屋さんに行った。
我々の釣りと同じくらい楽しんだようだ。
スポンサーサイト



 家族

0 Comments

Leave a comment