HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

NETTLETON 入院

先日オークションで手に入れた「NETTLETON 」
アッパーがひどい状態だったので手入れをして一応納得のいくレベルにはなったが・・・

ネトルトンアフター1

実際に履いてみると、色抜けよりも全体的な色が気になりだした。
太陽のもとでは色が明る過ぎて気持ちが落ち着かない。
色合いがとても不自然。

そこで、もう一度手入れをし直すことにした。
きちんと汚れを落として、濃いめのクリームで全体のトーンを暗くしようと考えた。

「サフィールレノマットリムーバー」を使ったところ、これが失敗のもと。
強力すぎて、甲の部分の色抜けが広がってしまった。(画像は撮り忘れた)
色抜けというよりは、表面の塗料が剥がれてしまったような感じ。
いろいろ聞いてみると、おそらくこの靴の皮革は、染料による染色ではなく、顔料による塗装だったのではないか、とのこと。

もう、自分ではどうしようもなくなったので、靴リペア店に入院させることにした。
根本的な染め替えをお願いした。
希望の色は「ミディアムブラウン」。

だが、店のスタッフからは
「クリーニングで出来るだけ表面の色を落としますが、すべて綺麗に落ちるわけではありません。」
「前の色が分からなくなるようにするには、濃い茶色にならざるを得ません。」
「場合によってはダークブラウンになるかもしれませんが、判断は任せてもらえますか」
とのことだったので、了承した。

さあ、手術の結果がどうなるか。
明後日には完成する予定。
スポンサーサイト

 靴について

0 Comments

Leave a comment