HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

靴クリーム&ワックス いろいろ ③

靴クリーム勢ぞろい

今まであまり使ってこなかったが、最近見なおした靴クリーム。
これ。
ミニット ミスターミニットのオリジナル。

数年前に地元の百貨店に初めてミスターミニットがオープンした。
今でも我が県にはこの一軒だけ。
オリジナルの靴ケア用品がかなり安くなるキャンペーンのときに購入。
だが、ほとんど使っていなかった。

理由は、
「汚れ落としと保革が同時にできる」という謳い文句が嫌だった。
怪しさを感じていた。
結局中途半端なのではないか?
「二兎を追う者、一兎をも得ず」と言うではないか。
汚れ落としはクリーナー、保革は乳化性クリーム。餅は餅屋である。

ところが考え方を変えてみた。
純粋に保革だけで使ってみては?
たったそれだけの意識改革で使ってみると、なかなかよい。

乳液なので、少量でも非常に伸びがいい。
革へのしみ込み具合が早過ぎないので、シミにならない。
かといって遅くもない。ちょうどいい。革に優しい。
変な有機溶剤の香りもない。鼻に優しい。
艶はあまり出る方ではないが、しっとりとした上品な艶。
水染めコードバンに良いと思う。

容器を見ると、「ドイツ製」。
そう言えば、この容器の形、乳液タイプ、どこかで見たような…
エッセンシャルクリーム
容器の頭部分は若干違うが、謳い文句は同じ。
しかもドイツ製。(ドイツの靴クリームって、天然成分のみで有機溶剤を使わないものが多いね)。
ミニットのウォーリーへの別注品?
などと考えてしまう。
こういうのも面白い。

WOLY製であろうが無かろうが、機能的には素晴らしい。
靴に限らず、革製品全般に使える。
ミスターミニット侮るべからず。
まだたくさん残っているので、これから使用頻度が多くなっていくことだろう。
スポンサーサイト

 靴の手入れ

2 Comments

なおけんた  

Re: ミスターミニット

こんにちは。

ミスターミニットのこの乳液は、今はパッケージデザインが変わっていますが、容器と中身は多分変わっていないでしょうね。「ラノリン配合」と謳っています(ラノリンがどんなものかわかりませんが)。ウォーリーの「エッセンシャルクリーム」も「ラノリン配合」です。やはり・・・・と思ってしまいます。
ミニットの保革・補色専用クリームはの容器は、ウォーリーの「ワックスカラークラシック」(日本ではコードバン専用クリームとして売られていますが)とそっくりです。おまけにどちらもやはり「ドイツ製」「ラノリン配合」。
う~んこういう推理は楽しいです。あくまで推理で決定的な裏付けはありません。

1909はこちらでは全く見ません。というか、ディアマントも見ませんけど。こちらはオークションで買おうかどうか迷っています。

> こんにちは。
>
> >ミスターミニット
> いつも夏や冬の滑り止めなどでやお世話になって居ますが、ここの商品は買った事が有りませんでした。
> 確かにこのボトル見覚えがありますね…
> でも何となく手を出す事が無く、知らず知らずのうちにブランド志向になって居たようです。
> これも買って仕舞いそうです(笑)
>
> 昨日の帰りに東急ハンズに寄った所 1909シュプリームクリームデラックスが並んで居ました…買おうか迷って居ます。

2013/08/29 (Thu) 12:59 | REPLY |   

musselwhite  

ミスターミニット

こんにちは。

>ミスターミニット
いつも夏や冬の滑り止めなどでやお世話になって居ますが、ここの商品は買った事が有りませんでした。
確かにこのボトル見覚えがありますね…
でも何となく手を出す事が無く、知らず知らずのうちにブランド志向になって居たようです。
これも買って仕舞いそうです(笑)

昨日の帰りに東急ハンズに寄った所 1909シュプリームクリームデラックスが並んで居ました…買おうか迷って居ます。

2013/08/29 (Thu) 09:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment