HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

登山靴が気になって・・・

生まれて初めての登山靴を購入してからというもの・・・・
国産の登山靴に興味を持ち始めた。

ネットで最初に気になったのはこれ。

goro_01.jpg

東京は巣鴨「GORO」の「ブーティ―エム」
軽登山に最適な比較的柔らかい靴だそうだ。GORE‐TEXブーティ搭載。
価格は¥34,230(税込)

でもいろいろ調べているとこんなものを見つけた。

yamakoh2.jpg
yamakoh1.jpg

東京は吉祥寺のアウトドアショップ「山幸」のオリジナル。
30年以上続いているモデル。奈良の職人さんが作っているそうだ。
価格は何と¥15,750(税込)!

それからこれ。

nakayama1.jpg

東京は谷中「中山製靴」の「1100」。
オーダー可。価格は¥30,000(税込:レディーメード価格かな)。

3つに共通しているのは、オールレザーのクラシックなタイプであること。
底が糸で縫いつけてある(ステッチダウンかノルヴィージャンだと思う)こと。

機能は別にして(機能性もいいのだろうが)、とりあえずは見た目が自分の好みに合っているモノばかりである。
もちろん靴の最も大切な機能は「足に合っている」ことなので、履いてみないと何とも言えないのだが…。

登山に使えて、街履きにも使える雰囲気・・・ということで気に入っているだけです。
こんな視点、真面目な登山家の方々はお怒りになるでしょうね。
スポンサーサイト

 靴について

2 Comments

なおけんた  

No title

なるほど。登山靴は山を歩くためにあるもので、街を歩くために設計されていないということですね。
いろいろ調べてみると、ソールもアスファルトの上では擦り減りが早いようですね。
これはもう、本気で登山にのめり込むしかないですねえ。

2013/09/30 (Mon) 22:03 | EDIT | REPLY |   

よし  

山登りする者からの一言ですが、登山靴を町履きと併用するのはソールが硬くてボールジョイントで屈曲しないので難しいと思います。特に昔ながらの革製の登山靴はそうです。山幸の靴は試着しましたが現物もかなりかっこいいですよ。ただ、クッション性がないので一度履くことをおすすめします(なかなか難しいでしょうけど)。

2013/09/30 (Mon) 20:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment