HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

海の神社巡り

一昨日は珍しい組み合わせ。
私と嫁さんと娘の3人でお出かけ。
出無精の娘に「神社見に行くか?」と尋ねると即答「YES!」
古事記、日本書紀、日本神話が大好きな娘。

今回のお出かけは
「海の神社巡り」

まずは「青島神社」
神話の海幸山幸の舞台となったのがこの地で、「浦島太郎」の原型もこの話だそうだ。
祀ってあるのは山幸彦。
海水浴場と橋でつながっている青島へ

aosimajinja1.jpg
aosimajinja2.jpg aosimajinja3.jpg
「鬼の洗濯板」を見ながら橋を渡り、砂の参道を歩く。なんと参道は貝殻のクズでできていた。

aosimajinja4.jpg 本殿右手に入ると緑のトンネル。だが何だか変。

aosimajinja5.jpg aosimajinja6.jpg
神社には似つかわしくない亜熱帯植物の森。
実はこれが我が県の海沿いの神社の普通の景色なのだ。

次は
「鵜戸神宮」
burogu udo1 右手が海(断崖絶壁)でやはり亜熱帯植物。

橋を渡り、急な階段を下りる・・・・・息が荒くなる・・・
burogu udo2 burogu udo3

本殿は洞窟の中!
burogu udo4 burogu udo5
burogu udo6 
「御乳岩」。指さす絵からちょっとずれた所に「〇首」があって、そこから水滴が滴り落ちてくる。神様の母乳である。

娘は最後に「運玉」なるものを買った。
これをしめ縄を張った岩のくぼみに投げ入れることができれば運がいいのである。
要するに運だめし。
ちなみに男は左手、女は右手で投げる。
娘は体育の授業で右手の指にひびが入ったばかり。(掌の字は、忘れ物防止のためのおまじない)
burogu udo undama1 burogu udo undama2

不自由な手で投げたら、なんと入ってしまった。
よし、運がいいぞ!
気分だけでも気持ちがいいね。

山の神社では見ることができない不思議な風景に魅了された。
娘と嫁さんは、神社に関するありがたいお話や神様のことについて、結構楽しそうに説明書きを見ていた。

一方、私はほとんど無関心。写真ばかり撮っていた。

神様のありがたさを感じるよりも、楽しんでいる2人の姿を見つめている方がずっと幸せな気分になれるからである。








スポンサーサイト

 家族

0 Comments

Leave a comment