HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

お下がり

1人で履くには少々多すぎる革靴(スニーカーは別)を持っている。

あくまで「少々多い」程度である。
革靴を同時に15足持ったことはないのだ。
置き場に困るので、履く頻度が極めて少ない靴は、オークションでもっと履いてくれる人のもとへ旅立つ。
15足以内でいつも推移している。

靴棚

それでも全て履くには2週間以上かかるので、家族からは白い目で見られがち・・・。
「また買ったの?」
「そんな靴持ってたっけ?」
「同じ靴ばっかり・・・」
嫁さんはまだ理解がある方で、最近は何も言わない(呆れているのだろう)。
既に玄関の靴箱から自主的に退散し、階段の踊り場に陣取っている。

友人からも「こんなに持っていてどうするの?」
的な目で見られるが、

「息子が大きくなったら、一緒に履きまわしができるではないか」
「自分が履けなくなったら息子に譲ればいいではないか」と考えていた。

「親の靴を子が継いでいく、父親のお下がりの靴を息子が履く」

・・・・・なんてカッコイイ。
そう思っていたのだ。


ところが・・・・・


高校生になる息子はいつの間にか私よりも大きくなっていた。
靴のサイズなんて、すでに中学時代に私を超えていた。
革靴を履ける年齢になる前にアウト!

私の夢はもろくも崩れ去った。

それどころか、息子のお下がりを自分が着る羽目になっている。

mizuno.jpg

「MIZUNO PRO」のウインドブレーカー
息子が着られないので私がよく使っている。
値段も結構張るが、流石にモノがいい。
他にも品質のいいものがたくさんあるので、新しいスポーツウェアを買う必要がない。

「息子のお下がりを父親が着る」  
寂しさが付きまとう・・・

いや、希望は捨てない。
息子はもう一人いるのだ。
靴は次男坊に譲ることにしよう!

だが、この子はもっと大きくなりそうな予感・・・・・


スポンサーサイト

 思うこと

4 Comments

なおけんた  

Re: No title

ありがとうございます。
励みになります。
しかし、興味のない人にとっては、「ウィングチップこんなにもっててどうするの」なんですよね。「同じではない、違うんだよ」と言っても通用しません・・・。

> 数があるほうがそれぞれの靴の個性がより引き立ちますよね(笑)
>
> オークションでの中古靴はモノも相手も見えないのでなかなか敬遠しがちなのですが
> なおけんたさんほど大切に手入れされている方のなら是非欲しいですね。

2013/12/28 (Sat) 14:30 | REPLY |   

echigoken  

No title

数があるほうがそれぞれの靴の個性がより引き立ちますよね(笑)

オークションでの中古靴はモノも相手も見えないのでなかなか敬遠しがちなのですが
なおけんたさんほど大切に手入れされている方のなら是非欲しいですね。

2013/12/28 (Sat) 11:22 | REPLY |   

なおけんた  

Re:308

嫁さんは呆れながらも優しく(笑)見守ってくれています。ありがたいですね。同居している母親の方が目ざといです。

基本、飽きっぽい性格なもので・・・。いいと思って購入した靴が履いていくうちに自分の感性と合わなくなってしまい履かなくなる靴が出てきます。ローファーでよくこのような失敗をしでかしますね。・・・・そういう場合は靴がかわいそうなので(言い訳っぽいですが)金銭トレードします。スポーツ界でもトレードで成功した選手はいますので(ますます言い訳っぽい)。
でも、本当に愛着のある靴はずっと手放していませんね。

北海道は冬専用の靴が必要なんですね。私なら靴を購入する理由にしてしまいそうです。

2013/12/17 (Tue) 21:55 | EDIT | REPLY |   

musselwhite  

No title

こんにちは。

>最近は何も言わない
いいですね…でも返って辛いのかな…(笑)

我が家は娘と二人でうるさいです。


>オークションでもっと履いてくれる人のもとへ旅立つ。
勇気が有りますね…履く事が出来る靴を…私には絶対出来ません。

北海道では夏靴に加えて冬靴がありますから、倍の数になります。
でも、履く靴は大体決まって仕舞い、3~4日おきに履く様になります。

綺麗に磨いて居ますね

2013/12/17 (Tue) 21:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment