HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

ネトルトンとフローシャイム

ネトルトンとフローシャイムインペリアルのウイングチップを比べてみた。

P1030640 (800x600)

向かって 左:ネトルトン  右:フローシャイムインペリアル

P1030642 (800x600)
P1030619 (800x600) P1030643 (800x600)

見た目の決定的な違いは、

① つま先のウイング部分は、ネトルトンのほうが長く大きい。
② 履き口はフローシャイムのほうが縦長である。
③ したがって、履き口の前の部分からつま先までの長さはネトルトンのほうが長い。
④ 飾り穴はフローシャイムのほうが小さ、ステッチもフローシャイムのほうが細かく繊細。
⑤ コバはネトルトンのほうが幅が広い。
⑥ 革の質感はそれぞれ良い。年代や私が手にしてからの期間が違うので同列には語れないが、フローシャイムはけっこうツヤがあってよく光る。ネトルトンはしっとり、どっしりという感じ。


はっきり言ってネトルトンのほうが存在感がある。
ネトルトンのほうがグラマーである。
比較、相対というのは怖い。
フローシャイム単独だと、こんな押し出しのいい靴は他にはないと思っていたが、
ネトルトンが横に並ぶとフローシャイムはおとなしく感じてしまう。
履いてみると、実はネトルトンのほうが若干タイトで足に沿っている感じ。フローシャイムのほうが若干大振りである。

P1030655 (800x600) P1030659 (800x600)

ライニングの革の質感は、明らかにネトルトンに軍配が上がる。
フローシャイムは安っぽい。
しかし、ライニングの糸を緑色に変えているあたりはおしゃれ。
双方、良さがあるが、全体的な雰囲気はネトルトンのほうが高級感がある。
当時の格付けがネトルトンのほうが上だったのもうなづける。

こうやって比べると、同じウイングチップでも全然違うよね。
えっ?わからない?
いや、違うんですよ。
わかる人にはわかるんです。

P1030643 (800x600)
スポンサーサイト

 靴について

2 Comments

なおけんた  

RE:#342 成る程…

撮影するときには平等に(変な言い方ですが)靴の接点が真ん中に来るように撮りました。画像通りで、ネトルトンはグラマーで、フローシャイムはスマートです。フローシャイムがスマートというのもすごいですが・・・・・。
でもそれはあくまで見た目でして、履いた感じはネトルトンの方が甲がタイトなんです。

2014/01/25 (Sat) 12:11 | EDIT | REPLY |   

musselwhite  

成る程…

こんにちは。

こういう風に比べる事が出来るのも、数を揃えて居るから出来る技なんでしょうね!

外観はどちらも甲乙付けがたいですね…眺めて居ると両方欲しくなって仕舞いますね。

フローシャイムインペリアル の方が若干スマートに見えますが写真の撮り方なんでしょうか?

2014/01/25 (Sat) 11:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment