HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

山幸の登山靴とスペンコ

東京吉祥寺のアウトドアショップ「山幸」のオリジナル登山靴。

山幸

山デビューを待っているが、その機会はまだまだ来ない。
登山する暇と心の余裕がない。
その時が来てもいきなりフルに履くのは厳しい。
それでしばらくは履き慣らすことにした。
登山靴の邪道(?)、街履きである。

登山靴として購入したので、
サイズはかなり余裕がある。
分厚い登山用の靴下を履くことと、下りの時につま先がトゥの内側に当たらないようにするためである。
本来、そういう履き方をする靴なので、インソールには全くクッション性がない。
靴の重量は重く、ソールはデコボコな地面でもぶれないように硬い。
そのまま履いたら足は確実にやられる。

ただ、重いとはいっても、以前試し履きしたことのある「ホワイツブーツ」よりは軽い。
ソールの硬さだってホワイツに比べれば我慢できそうだ。

ソール

街履きイケるのではないか?と思った。

そこでこれが登場する。

spenko zentai

スペンコ インソール

御存知、ホワイツブーツ推奨のインソール。
山幸のおやっさんも推奨していた。
これを山幸の中に敷いて履いてみた。
靴下は普通のカジュアルソックス。

2,3時間ほど履いてみた。
履き下ろしなのでまだ硬いが、足が痛くなることはなかった。
スペンコが効いている。
素晴らしいクッション性だ。

見た目も、他のオールレザー製の登山靴ほどハードではない。
ちょっとごついブーツとして、街履きでも通用する。
実際、これを履いてメンズショップに入ったが、
若い女性スタッフから「登山靴みたいで(登山靴だけど)かっこいい靴ですね」と言われてうれしかった。

もちろん邪道と言われるかもしれない。
しかし、バスケットシューズやテニスシューズだって街履きになった。
ワークブーツだって街履きになった。
登山靴が街履きになって何が悪かろう。
足に問題がなければOKではないか?
アスファルトでソールのヘリも早いだろうから、そんなに頻繁に履くものではないが、
この冬の間は時々履いて慣らしていこうと思う。
街履きブーツとして。

そして山へ・・・・

山幸2
スポンサーサイト

 靴について

2 Comments

なおけんた  

RE:#346 ビブラムソール

ジーンズやチノにこれを履くと、丈夫のクッション部分が隠れてしまうので、ダナーのマウンテンライトのようです。登山靴には見えませんね。
この靴のソールもビブラムですが、#はわかりません。
マウンテンライトよりずっと硬いですが。
マウンテンライトは完全に街履きですね。

2014/01/29 (Wed) 18:02 | EDIT | REPLY |   

musselwhite  

ビブラムソール

こんにちは。

最近の若い人達がデニムにこう言うブーツにを履いて街を歩居るのを見掛けますね。

昨年末に二十数年履いたスエードのウイングチップをオールソールしましたが、冬靴として使う為にソールをビブラム#100と云うカナダの消防士さんが使って居るソールにしました。

街中はロードヒーティングで雪はありませんが普通に歩く事ができ、雪道は専用の冬靴には若干劣りますが結構効果的でした。

ちょっと、街中を履いて歩いてみたいような気がしますね(笑)

2014/01/29 (Wed) 14:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment