HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

FIDELITY  クラシック・ダウンジャケット

東京で散々散財したはずなのに、地元の店で買ってしまった。

FIDELITY(フィデリティ)の「クラシック・ダウンジャケット」

フィデリティ1

フィデリティと言えば 「MADE IN USA」(いまだに私にとっては魔法の言葉)が売りだったが、これは中国製。
人気が出たブランドが現地生産からアジア製に替わるのはよくあることだが、なぜなんだろう?
生産コストを下げて利益率を上げるのか、アジア地区には効率よくアジア製をあてがうのか。
USA製でなくなった瞬間に気持ちが離れるユーザーが多いと思うのだが…、
「魔法の言葉」が通用するのはおっさんだけなのだろうか。
USA製と中国製には製品としての出来に差はないだろう。
中国製のほうが縫製が丁寧かもしれない。
ただ、MADE IN USA と思っていたものが MADE IN CHINA とわかった瞬間に魔法は解けるのだ。

今回は、私は最初から魔法にかかっていなかった。
最近のフィデリティは一部(コート、ジャケット類?)にUSA製を残しながら、他の多くは中国製になっているのを知っていたからである。
そういう現実的な目でこのジャケットを見た。
そして「50%off」という現実を見た。
するとこのジャケットがとても魅力的になってきた。

自分が気に入ったのは次の点。

 ① 表地、裏地の生地の感触が、柔らかくてひんやりしていて気持ちいい。
 ② ダウンなのにモコモコしてなくてかさばらない。
 ③ しかし、適度なボリューム感と短めの丈、若干タイトなサイジングが絶妙。
 ④ 一応ブラックだが、色の薄い黒で、濃いチャコールグレー(大好きである)と言っても差し支えない。
 ⑤ 軽い!あたりまえだ。
 ⑥ お馴染みのロゴマークがない。この方がシンプルでいい。ロゴマークを買うわけではないのだから。

            フィデリティ ロゴ
ブランド名を確認できるのは、首部分のタグとボタンのみ。
   フィデリティ タグ    フィデリティ ボタン

何より暖かい。
このジャケットの下はシャツ(ドレスでもカジュアルでも)1枚で大丈夫。
年末に買ったスピワックのPコートとは対極にある。
ネットで確認したどの店よりのセールよりも安い価格で購入できた。
地元もなかなかやるもんだなあ。

1月後半になって、結構暖かい日が増えてきて、このジャケットを持て余しかけているが、時々は寒い日が続く。
まだまだ世話になるだろう。

自分にとっては素直に「かっこいい」と思える服である。

フィデリティ2
スポンサーサイト

 モノ

2 Comments

なおけんた  

No title

逆に私なんか暑がりでダウンジャケットなんて着ることはないだろうと思っていましたが、50が見えてきて体質が若干変わったようです。もうシーズンは終わりましたが、来年の冬はかなり活躍するだろうと思います。おそらくジャケットの下はシャツ1枚かもしれません。

2014/03/26 (Wed) 13:33 | EDIT | REPLY |   

じーふー  

No title

カッコイイですね。
着膨れ感が抑えられていそうです。

ダウンコートは近所用またはやる気がない時としてはあると便利なのですが・・・
身長が高くはない私にとっては、いかんせんコーディネートし辛いと思います。
防寒としては腿をカバーしないとあんまり意味がない!
というぐらい寒がりで暑がりな私ですが、
来シーズンはダウンジャケットを検討しようかな・・・。

毎冬、「寒い」と感じるのは腿下なのですよね…。

2014/03/26 (Wed) 02:03 | REPLY |   

Leave a comment