HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

靴工房CITTAへ ③

今回の靴工房CITTA 訪問の目的

その3・・・・はこれ

IMG_0950 (800x600) IMG_0943 (800x600)

フローシャイム・インペリアル コードバン
ゴルフシューズとして使われ、雨ジミだらけだった靴をオークションで購入。
オールソールし、再生させたもの。
サイズは10D。
フローシャイム・イペリアルは9.5Eがジャストなので、サイズ的には大丈夫かなと思っていたが、予想以上に緩い。
それで、革を切り取った自作のインソールでサイズ調整をしていた。

IMG_0953 (800x600)

このインソールでも結構満足していたのだが、土踏まず部分のフィッティングをもっと良くしたいと考えるようになった。
そこで今回、CITTAにインソールをお願いすることにした。
しかし、インソール製作はこの工房のメニューにはない。
ないものねだりのわがままな要求。

だが・・・・

もともと、CITTAの注文靴は手縫いのステッチダウンで底付けし、インソールは平ら。
そこに足の裏の形状に合ったインソールを張り付けて仕上げる。
ならば、私の足のデータをもとに、このフローシャイム用のインソールを作ってもらえるのではないかと考えたのだ。

こんな要求をする奴はあまりいないだろうなと思いつつ、ダメもとで頼んでみたら、快くOKしてくれた。

(日数は)どれくらいかかるかと尋ねたら、

「そうですねえ、頑張れば・・・・・」(2,3日ぐらいかな?)

「1時間半ぐらいですかね」
「えっ?そんなに早くできるんですか?」
「はい、急げば・・・・」
「じゃあ、今から鹿児島市内をブラブラしてくるので帰りに寄りますね。」


ということで、再び工房を訪れたのは4時間以上あとだった。
もちろん完成していた。


IMG_0960 (800x600) IMG_0972 (800x600)
                IMG_0969 (800x600)

表面はヌメ革、裏はコルク板。
これらにサンドイッチされた形で、土踏まず部分に硬めのしっかりしたクッション材が入っている。
靴に入れて履いてみた。

IMG_0976 (800x600) IMG_0979 (800x600)

土踏まずが下から押し支えられている感じ。
妙にプヨプヨしていなくて、剛性がある。
緩さも解消され、今までとは別の靴を履いているようだ。
ヌメ革はこれから履いていくうちに飴色に変わっていく。
そういう変化も楽しみである。


満足な出来栄えだ。
頼んでよかった。

靴工房CITTAの日高さん、1回の訪問で3つのことをお願いしたが、わがままな要求に対していやな顔一つせず、爽やかに誠実に対応してくれた。
ありがとうございました。
とても充実した1日だった。
スポンサーサイト

 靴について

0 Comments

Leave a comment