HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

過去の靴について~懺悔①

過去に手にしたことがある靴(そして手放した靴)についてしばらく書くことにする。
その時は気に入って買ってはみたものの、時代の流れや経済的事情、単なる飽きなど、様々な理由によって手放してきた靴への懺悔を込めて…・

懺悔その①

gentry complex(ジェントリー・コンプレックス)

福岡のオーダー専門店として有名。
オリジナルの服飾品を販売している。
オーダースーツに加えて、地元福岡の手縫い工房に制作を依頼したオリジナルシューズが有名。
基本的にはパターンオーダーで、採寸して木型の修正可(盛り付け)。
革も選べるし、多少のデザイン変更も可。
木型は現在5種類(私が作ったころは1種類のみだった)。
ハンドソーンウエルテッドの9分仕立て。
価格もこの手の靴としては破格。

今から10年ほど前にここで作ってもらった。

gentryNAOKENTA3.jpg

 gentryNAOKENTA2.jpg



店のスタッフと楽しく打ち合わせしながら、ブローグやメダリオンを選び、
基本デザインの内羽根プレーントゥに遊びを入れてみた。
これでオプション追加料金なし。
ソールは半カラス仕上げも追加料金なしでできたが、あえてシンプルなものに。

なかなかいいものができたと自画自賛して履いていたが、あまり履かなかった。
そして手放してしまった。
ごめんなさい。

理由は・・・・遊びすぎたからかな?
今、冷静に見てみれば、そんなに派手な靴ではないが、仕事に履く靴でもない。
だからと言ってジーンズに合うわけでもない。
(当時の)自分の生活の中で、履くシーンをなかなか見いだせなかったのかもしれない。

また、スクエア気味のトゥもちょっと・・・。
当時の流行に自分も流されてしまっていたのだろう。
質実剛健、謹厳実直、朴訥なものを好む(自分がそうだからではない)自分としては、ちと軽い靴をつくってしまったと感じていたのかもしれない。

歳を重ねた今なら、全然許せる範疇の靴である。
結局は、注文する人間の矮小さだったのだろう。
私のような凡人は、靴をオーダーするには経験が必要だったということである。

懺悔のネタはまだまだたくさんある…・
スポンサーサイト

 靴について

3 Comments

みきお  

懺悔シリーズ、いい企画ですね
楽しみにしてます

2014/02/24 (Mon) 21:29 | REPLY |   

なおけんた  

No title

musselwhiteさん、こんにちは。

私、いろいろな意味で前科者です。
あれも手放し、これも手放し・・・・そしてあとから悔やむ・・・。

もう少し、先を見通した買い物をしなければいけませんね。

2014/02/24 (Mon) 16:04 | EDIT | REPLY |   

musselwhite  

No title

勿体ない事をしましたね…
私もスクエアーは苦手で、サイズが合わないと思いますが欲しいですね…

2014/02/24 (Mon) 11:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment