HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

苦手な靴 ②

ローファーが苦手だ。

現在、1足も持っていない。
しかし、過去には何度となく所有していたことがある。

最初はやはりリーガルから始まった・・・・。

インポートのローファーで初めて手に入れたのはトリッカーズ。

「CHICAGO」というモデル。SHIPSで購入。

サイズは10。
トリッカーズは普段、カントリーで9を履いているのに。

他にはオークションで手に入れたこれ。

WES1 (800x704) (640x563)

ウエストンのローファー

それからこれ

じゃらん2 (640x421)

ジャラン・スリウァヤのローファー

他にもルーディックライターのローファーという珍品もあった。



しかし・・・・すべて手放してしまった。

理由は、甲のフィッティングにある。

甲高の私の足でローファーを履こうとすると、どうしてもサイズが大きくなる。
先ほどのトリッカーズがいい例だ。
しかし、甲は合っても、つま先が余る。
履いているうちに踵が緩い、履き口に隙間ができる・・・・
などの弊害が必ず出る。

紐靴なら調整が効くのだが、ローファーはそういうわけにはいかない。
かといって甲の非常にきつい奴を選んでも、しばらく(かなりの期間)は痛いのを我慢しなければならない。
結局、履かなくなるのである。

それから、甲からつま先にかけてのヴァンプが短いローファーは特に苦手。
オールデンはその代表で、こういうローファーを履くと私の足はデブに見える。
だからヴァンプの長いローファーを選ぶ傾向がある。
するとつま先が余るのである。
つま先が余ると歩きにくい。
余りが気になる(捨て寸とは違うのである)。
結局、履かなくなるのである。

そういうことがわかっていながら、買ってしまうのは、ローファーに惹かれるからだ。
特にウエストンのローファーのシルエットは今でも好きだ。

好きだけど苦手な靴、それがローファーである。
スポンサーサイト

 靴について

4 Comments

なおけんた  

RE:#402

履いてみないとわからないローファーは、オーダーの方が怖い気がしますね。現物がないので。
シボ革とスエード革、どちらもカジュアルですが、どちらを取るかと言われたらシボをとります。理由は靴クリームで手入れできるからです。

2014/03/26 (Wed) 13:36 | EDIT | REPLY |   

じーふー  

No title

私はほぼオフにしか履いていませんがウエストンのローファーは大変重宝しております。

見た目といいサイズ感といい大好物です。

昨年からパターンオーダーを考えているのですが…
フィットしなかったらと思うと怖くて手が出ません。
シボ革ならスウェードと同じように履く事が出来るのでしょうかね・・・

悩んでいるうちに価格改定…

2014/03/26 (Wed) 01:48 | REPLY |   

なおけんた  

RE:#390 勿体ない…

ローファーって完全にカジュアルですよね。
スーツにはまず合わせない。
私の場合、デニムでもなんとなく合わないような気がして…。
ワタリや裾幅が狭いパンツの方が合う気がします。
基本、そういうパンツは持ち合わせていないので、手放したのかもしれませんね。

2014/03/17 (Mon) 17:30 | EDIT | REPLY |   

musselwhite  

勿体ない…

勿体ないですね…

私の足は幅が若干狭く甲が低いので、E~Dまでこなせますので次回は是非(笑)

以前はコールハンのローファーを4足とRalph Laurenのを1足持って居ましたが、今はRalph Laurenのみです。

デニムの時位ですね…履くのは。

2014/03/17 (Mon) 16:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment