FC2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

マスターロイド 「DOWNING」


マスターロイドのDOWNING。

 自分にとっては2足目の、そして現段階では最後のマスターロイド(笑)。
ラストは前回紹介した「SURRY」と同じ。

 ならば履き心地も同じかというと全然違っていた。明らかに「SURRY」の方が上。
革の違いやスタイルの違い(キャップトゥとフルブローグ)がこんなに履き心地に影響するとは思わなかった。

 最初履いていたら、右足の薬指に履き皺があたって、痛くて痛くて履けなかった。一度ロイドに出して、あたる個所を揉んで柔らかくしてもらったが効果なし。

 次の手は、中敷き(マスターロイドはオールソック仕様なので、インソール全体に中敷きが貼ってある)を取ること。これで内部の空間が広くなり、指にあたることはなくなったが、すばらしい履き心地とはいえなかった。

 しかし、最近、フィット感が増してきたように思う。革が柔らかくなったのか、馴染んできたのか、「SURRY」に近い履き心地になってきた。グッドイヤーの靴はやはり、時間をかけてから評価をすべきということを実感している。

 年に1回の東京行きの際、必ずロイドに寄っている。マスターロイドの3足目を買いたいのだが、昨年、今年と空振りに終わっている。私のサイズの在庫がないのだ。特に今年はどのモデルもなかった。やはり人気があるのだろうか。

スポンサーサイト



 靴について

0 Comments

Leave a comment